廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第600弾

昨日の「廊下のむし探検」の結果です。まず、蛾を紹介します。この日最大のトピックスはこの蛾です。

イメージ 1

そう、シンジュサンです。翅の先端が蛇の顔みたいですね。私はこれを見ると身震いをしてしまいます。

イメージ 2

風が吹くと、ほとんど壁にくっつくようにしてへばりついています。如何にも飛びそうなので、私もびくびくして撮影していました。でも、意外にしっかりとつかまっています。昨年は6月12日と17日に見ていました。1年に1−2度見れればよいくらいの数が少なめの蛾です。

イメージ 3

オビカレハはこの日2匹いました。いずれも地下駐車場です。一時期、毛虫がいっぱいいたのですが、それが羽化したのでしょうね。

イメージ 4

これはヨツボシホソバです。この間も見ましたね。

イメージ 5

それからアシベニカギバです。これもよく見ますね。

イメージ 6

綺麗な蛾です。ナミガタシロナミシャクです。写真を撮ろうとちょっと近づいただけで飛び始めました。でも、すぐ近くに止まったので、今度は少し離れて撮りました。これも腹を曲げて止まるタイプですね。

イメージ 7

遠くから見ると翅の白い部分が目立って、何だろう何だろうと思ってしまいました。でも、よく見るソトシロオビナミシャクだったのですね。「標準図鑑」を見ると、前翅中央部が幅広く淡色になる個体があると書いてありましたが、これのことですね。

イメージ 8

外横線が脈上で黒くなっているので、初めはオイワケヒメシャクかなと思い、外縁に沿って黒い点があるのでサクライキヒメシャクかなと思ったりしたのですが、最終的にはウスキヒメシャクかなと思いました。でも、正直、よく分かりません。

イメージ 9

これはホソスジキヒメシャクですね。翅が銀色に光っています。

イメージ 10

これはコガタシロモンノメイガです。綺麗に写りました。

イメージ 11

これはキベリトガリメイガ

イメージ 12

それに、ミダレカクモンハマキかな。

イメージ 13

この蛾の名前調べに時間がかかってしまいました。写した時は普通のヤマメイガかなと思ったのですが、よく見ると違いました。で、「標準図鑑III」をずっと見ていきました。キバガかなと思ったのですが、そこから先がなかなか進みません。それで、先日更新した画像リストを見ていたら、同種かその近縁と思われる種がいました。一回目は一昨年の6月7日です。その時は、フタクロモンキバガにしていたのですが、今見るとちょっと違うような感じです。もう一回は昨年の5月31日でした。その時は、ハイイロマダラノコメキバガにしていました。さて、何でしょうね。

イメージ 14

最後は蛾ではなく、このヒオドシチョウです。ブログを初めて2年半、マンションではヒオドシチョウを見たことがなかったのですが、今年はこれですでに4回め。絶対、大発生しているのだと思いますけどね〜。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

シンジュサンは見付けたい蛾なんで、非常に羨ましいです(笑)
つい先日は綺麗なオオミズアオが飛んでくるも、見失ってしまいました。
あんなに大きくて目立つのに… 削除

2015/6/5(金) 午前 0:17 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

シンジュサンは毎年1−2回見ます。大きいし、よく天井にぶら下がっているので、蛾の苦手な私にとってはもっとも恐ろしい蛾の一つです。でも、模様だけ見ればなかなか凝った模様ですね。特に、蛇のような翅端が・・・。そういえば、今年、オオミズアオは見てませんね。例年、5月中旬ごろ見ているのに・・・。

2015/6/5(金) 午前 7:05 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事