廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 蛾

廊下のむし探検 第612弾

一昨日の結果です。また、名前調べが遅れてきてしまいました。とりあえず、蛾だけ出します。

イメージ 1

この日は目立った蛾がいなくて、どれを出そうかなと迷ったのですが、名前調べに迷ったこの種からにします。いつもならモモノゴマダラノメイガとしていたのですが、どうも黒い斑点が大きい感じがして、もう一種のマツノゴマダラノメイガじゃないかと思って図鑑を調べてみました。基本的には交尾器で見るようですが、外観では、マツノゴマダラはモモノゴマダラに比べて、前・後翅にある黒点はやや大きくて明瞭なこと、後翅の外横線に相当する点列は連続的になること、裏面の黒色斑点が発達していることなどから見分けられるそうです。そう思って見ると、黒色斑点は大きいし、後翅の外横線に相当する黒点は連続的な気がします。従って、マツノゴマダラノメイガではないかと思ったのですが、どうでしょうね。

イメージ 2

翅に黒い点が2つあるので、比較的すぐにたどり着けました。たぶん、フタテンツヅリガですね。「廊下のむし探検」初登場です。

イメージ 3

これはシバツトガですね。「標準図鑑」によると、1964年に北米からシバ苗に付着して移入されたとされています。近年、朝鮮半島にも入ったようです。

イメージ 4

こちらはこの間も登場したウスアミメキハマキです。ちょっと華奢な感じの蛾です。

イメージ 5

これも華奢ですが、サツマヒメシャクです。記録を見ると、これまで4月、6月、10月に4度見ていました。

イメージ 6

こちらもヒメシャクですが、これはウンモンオオシロヒメシャクです。小さいのにオオシロという名前がついているので、なかなか名前が覚えられません。これまで3度見ていました。

イメージ 7

これはウチジロマイマイというドクガ科の蛾です。といっても毒はありません。一昨年は6月12日、昨年は6月14日、今年は6月13日が初見日でした。驚くほど一致していますね。

イメージ 8

これはクロシタシャチホコです。

イメージ 9

それにホソバシャチホコ

イメージ 10

それにオビカレハです。他にも何種かいたのですが、常連なので今日はパスします。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事