廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第613弾

クサカゲロウの顕微鏡写真を撮っていたら、3日前の虫の名前調べを忘れてしまっていました。慌ててやってみたので違っているかもしれませんが、一応、出しておきます。虫はいろいろといるのですが、これといって目立つ虫はいませんでした。

イメージ 3

イメージ 4

それで、今日はこんな目立たない虫から始めてしまいました。これはウロコチャタテだと思います。。今頃、小さい虫がちょこちょこ動きまわっているなと思うとたいがいこの虫です。図鑑を見ると似た種にオオウロコチャタテというのもあるようです。

富田康弘、芳賀和夫、「日本産チャタテムシ目の目録と検索表」、菅平研報12、35 (1991). (こちらからダウンロードできます)

この論文を見ると、ウロコチャタテ科の種への検索表が載っていて、それによると、「爪の先端近くに1個の歯を持つ。頭頂に1対の淡黄褐色の円斑を持つ。前翅長は約3.6mm」がオオウロコチャタテだそうです。ウロコチャタテの方は爪の歯が2つ、頭頂の円斑がなく、前翅の鱗片が黄褐色味が強いとのことです。この種は頭頂の円斑がないので、ウロコチャタテの方だと思います。

イメージ 5

この間から出始めているチャタテでチャタテ科のスジチャタテだと思っているのですが、まだ、検索が終わっていません。この間捕まえたのが♀、今回のが♂のようです。クサカゲロウの写真が終わったら少しこちらを撮ろうと思って、今は消毒用エタノールの中に入れてあります。

イメージ 6

こちらはシマサシガメですね。ヤニサシガメに比べるとずいぶん整った形をしています。

イメージ 7

これは以前同定したトビイロオオヒラタカメムシだと思います。でも、最近はヒラタカメムシは見ないですね。

イメージ 8

先ほど、フッカーSさんに教えていただいたクロヤマアリの♀かもしれません。一度捕まえてきて調べれば良いのですが、だいぶ前に有翅アリの検索に失敗してから、最近は採集をちょっとためらっています。

イメージ 9

外壁に止まっていたのですが、これはウシアブでしょうね。(追記:通りすがりさんから、「アブはTabaninae…と言うかTabanusでしょうが、種までとなると難しいですね。日本産アブ科雌成虫の検索表と全種の目録という英文のPDFがあるので、雌を捕獲できればなんとか分かるかも知れません。こちらはキスジアブが多く見られます@長野」というコメントいただきました。これはウシアブではないかもしれませんね。アブはいつも「学研生物図鑑昆虫III」に頼っているのですが、もう少し詳しく調べないといけないみたいですね。ちなみに、教えていただいた論文と関連論文は以下の通りです。

早川 博文、「日本産アブ科雌成虫の検索表と全種の目録」、衞生動物 36, 15 (1985). (ここからダウンロードできます)
早川 博文、「日本産アブ科雌成虫の分類(1)-アブ属ウシアブ群,アカウシアブ群及びその関連種」、東北農業試験場研究資料 10, 35 (1990). (ここからダウンロードできます)
早川 博文、「日本産アブ科雌成虫の分類-2-ヒゲナガサシアブ属及びゴマフアブ属」、東北農業試験場研究資料 10, 51 (1990). (ここからダウンロードできます)

いずれも雌なのですね



イメージ 10

これもこの間から出ているオオニジゴミムシダマシではないかと思います。翅の虹色を写真にうまく撮りたいのですが、なんとなく黒っぽく写ってしまいます。(追記2015/07/24:触角からナガニジゴミムシダマシのようです

イメージ 11

これはユミアシゴミムシダマシでしょうね。

イメージ 12

キイロナガツツハムシですね。

イメージ 13

キボシツツハムシ

イメージ 1

小さなカミキリです。天井に止まっていました。たぶん、翅の模様からアトモンマルケシカミキリでしょうね。

イメージ 2

ちょこちょこと動いてはこんな格好になりピタッと動かなくなりました。写しにくい場所だったので、ウロウロしているうちにいなくなってしまいました。たぶん、キハダエビグモかその辺りでしょう。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

アブはTabaninae…と言うかTabanusでしょうが、種までとなると難しいですね。
日本産アブ科雌成虫の検索表と全種の目録という英文のPDFがあるので、雌を捕獲できればなんとか分かるかも知れません。
こちらはキスジアブが多く見られます@長野 削除

2015/6/17(水) 午後 7:08 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

いつも「学研生物図鑑 昆虫III」を見て、こんなアブはいつもウシアブと言っていたのですが、そう単純ではないのですね。「日本産アブ科雌成虫の検索表と全種の目録」、見つけました。同じ早川氏の日本語の文献「日本産アブ科雌成虫の分類(1)」もありますね。それにしてもどうして♀なのでしょう。この間、ムシヒキアブはなかなか大変という話をお聞きしたのですが、アブも大変みたいですね。大きな虫なのに不思議な感じです。

2015/6/17(水) 午後 8:47 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事