廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第618弾

先日、廊下の壁の高いところにいてうまく撮れなかったクビアカサシガメが、一昨日は廊下の手すりにいました。これ幸いと思って撮影しました。

イメージ 1

近くで見たのですが、思ったほど赤くありません。むしろ黒っぽい赤です。ひょっとして近縁種がいるのかなと思って、「日本原色カメムシ図鑑第3巻」を見てみると、クビアカサシガメ属にはチャイロサシガメ、クビアカサシガメ、セマダラサシガメの3種がいました。でも、外見が大きく異なるので、クビアカサシガメで間違いなさそうです。図鑑によると、日本固有種で本州から南西諸島まで分布しているとのことです。

イメージ 2

次はこの甲虫です。これまで見たことはなかったのですが、図鑑で調べてみるとキバネカミキリモドキに似ている感じです。北海道から九州まで分布しているとのことです。

イメージ 3

後は天井にいたオオゾウムシ

イメージ 4

イメージ 5

それにコメツキが2匹ぐらいでした。

イメージ 6

イメージ 7

ハナアブです。上はアシブトハナアブ♂だろうと思うのですが、さて、下は何でしょう。♀であることは確かでしょうが・・・。「ハナアブの世界」でも調べてみたのですが、結局、分かりませんでした。(追記:通りすがりさんから、「ハナアブの2枚目は、アシブトハナアブ雌のテネラルですかね。」というコメントをいただきました。テネラルというのは羽化直後の状態をいうようです。どうりで図鑑やネットにもでていなかったのですね

イメージ 8

何となくこんなガガンボがいると、いつもマドガガンボだと言っているのですが、これにも近縁種がいるのかなぁ。最近は近縁種恐怖症になっています。

イメージ 9

イメージ 10

ヒシウンカがちょこちょこいます。でも、この間調べてみたのですが、ヒシウンカ科であることが分かっただけで、それから先はまったく手がかりすらありません。

イメージ 11

先日、苦労して調べたチャタテです。今のところは?マーク付きのスジチャタテです。

イメージ 12

それからウデブトハエトリですね。最近、よく見ます。

イメージ 13

最後はこのクモです。たぶん、マダラヒメグモという外来種だと思います。これも最近、よく見ます。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ハナアブの2枚目は、アシブトハナアブ雌のテネラルですかね。 削除

2015/6/24(水) 午後 10:02 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

テネラルという言葉を知りませんでした。羽化直後の状態をいうのですね。その間は外見上も違って見えるので・・・。この場合はやはりアシブトハナアブですか。私も初めそうかなと思って、何度か図鑑やネットを見直したのですが、同じような模様と形の個体は見つからなくて挫折でした。どうも面白いヒントをありがとうございました。

2015/6/25(木) 午前 6:05 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事