廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第623弾

一昨日、廊下を歩いた時に別のカメラで撮ったのをすっかり忘れていました。昨日、蛾を出したばかりだったのですが、残りの蛾を出します。

イメージ 1

これを見て蝶と思わない人がどのくらいるでしょうね。でも、よく見ると触角が違っています。蝶の触角は先端が太い棍棒型ですが、これは櫛歯状で、しかも、先端が細くなっています。これはアゲハモドキという蛾の仲間です。たぶん、毒を持つジャコウアゲハに擬態しているのでしょうね。大きさはだいぶ違うのですが・・・。

イメージ 2

これはフサヤガだと思います。実は、コフサヤガという似た種がいるのですが、写真ではあまり区別がつかなくて・・・。

イメージ 3

これはアオアツバです。ほとんど一年中見られて、個体数の多い蛾です。

イメージ 4

マエグロホソバですね。

イメージ 5

これはシロマダラノメイガです。「廊下のむし探検」初登場ですが、標本箱を調べてみると、6-9月に採集した標本がありました。

イメージ 6

蛾の最後はフタキボシアツバです。これは6-9月にかけて何度も見ています。

イメージ 7

ついでにテングチョウがいたので撮ってみました。昨年はいやっというほどいたのですが、今年はそんなに多くはなかったですね。

イメージ 8

蜂の仲間も出しておきます。クーラーの室外機の板囲いの中に蜂が何度も出たり入ったりしています。セグロアシナガバチですね。中で巣でも作っているのでしょうか。管理人さんに言わないといけないですね。それにしてもこの薄緑色のものは何でしょうね。

イメージ 9

羽アリがたくさんいるのですが、なかなか名前までは分かりません。これは先日、フッカーSさんに教えていただいたクロヤマアリでしょうね。クロヤマアリらしき個体は先日採集してきて検索表を使って同定をしてみました。どうやら間違いはなさそうです。今日はその写真撮影で忙しかったです。

イメージ 10

ところで、一度、羽アリの検索をしたら、次はどの羽アリも分かるかというとそうではありませんでした。この写真の個体も採集してきたのですが、どうもよく分かりません。羽アリは難しいですね。

イメージ 11

これはもっと小さな羽アリです。何匹かいたので、そのうちの1匹を捕まえてきたのですが、これもなかなか分かりません。

イメージ 12

イメージ 13

これは先日、オオハリアリの♂だと教えていいただいた種です。下は少し黒いのですが、同じ種でしょうね。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事