廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第629弾

昨日の続きで、一昨日の「廊下のむし探検」の結果です。

イメージ 1

今日の最初はこの虫です。先日、これとそっくりなハチを私はコマユバチだとしていたら、オオハリアリ♂だと教えていただきショックを受けました。今回のは少し色合いが違いますが、よく似た形です。きっと、オオハリアリに近い種かなと思って、一応、採集してきました。ハチとアリは見かけ上の胸部と腹部をつなぐ腹柄節があるかどうかで分かります。一応、撮影しておこうと思って顕微鏡で撮影してみました。

イメージ 2

ところが、腹柄節がありません。これはアリではなくて、ハチの方だったのです。口から飛び出しているのは大顎です。ついでに顔もアップしてみました。

イメージ 3

すごく長い大顎ですね。今は、科の検索をしようかどうか迷っています。なんせ、体長3.2mmの小さなハチだったので・・・。

追記2015/06/30:今朝、「絵解きで調べる昆虫」の中の検索表を使って科の検索をしてみました。結果、コマユバチ科になりました。主な決め手は、①細腰であること、②後脚転節が2節からなること、③翅脈からの判定です。翅脈の写真を載せます。

イメージ 17

イメージ 18

上が前翅、下が後翅です。翅脈の名称は次の論文に準じています。

C. van Achterberg, "A revision of the subfamily Zelinae Auct. (Hymenoptera, Braconidae)", Tijdschrift voor entomologie 122, 241 (1979). (ここからダウンロードできます)

準じてというのは、CU→Cu、SC→Sc、1-M、2-M、・・・→Mなどに変えているからです。どうもこう書いたほうが親しみやすくって・・・。SRと書いたのは、
sectio radiiの略で、径脈(R脈)の分枝を意味しています。ヒメバチ科との最大の違いは前翅のm-cu横脈が1本しかないことです。この間みたいに、これはコマユではなくてアリですよなんてことにならないとよいのですけど・・・

イメージ 4

イメージ 5

チャタテで今頃いるのは、ウロコチャタテ(上)とカバイロチャタテ(下)ですね。

イメージ 6

クサカゲロウでは、ヤマトクサカゲロウがいました。

イメージ 7

次は甲虫です。これはナガフトヒゲナガゾウムシですね。これまで何回か見ています。

イメージ 8

またコメツキダマシみたいですね。たぶん、チャイロコメツキダマシ属ではないかと思います。

イメージ 9

これはいつもいるアカハラクロコメツキでしょう。

イメージ 10

それにフナガタクチキムシ

イメージ 11

ナガチャコガネ

イメージ 12

似た種が多いのではっきりしません。たぶん、ヒメオビオオキノコかなと思ったのですが、どうでしょう。

イメージ 13

それに昨年教えていただいたエノキハムシです。

最後はクモです。

イメージ 14

これはキンイロエビグモでしょう。

イメージ 15

それにウデブトハエトリですね。

イメージ 16

最後のこのハエトリがよく分かりません。ネットを見ていると、ネコハエトリの幼体かなとも思うのですが・・・。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事