廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第632弾

6月最後の「廊下のむし探検」の結果です。

イメージ 1

廊下を歩いていると何かバタバタと動いている虫がいました。近づいて見るとタマムシでした。マンションの近くでは何回か見たことがあるのですが、マンションの廊下で、しかも生きているのを見たのはこれが初めてです。早速、起こしてやりました。

イメージ 2

死んだふりなのか、じっとしています。写してみたのですが、どうも色がいまいちです。たぶん、フラッシュをたいて写しているからだろうと思って、自然光でも撮ってみました。

イメージ 3

先程よりは緑が綺麗に出ました。でも、タマムシはやっぱりエノキの葉の上にでも止まっているときが一番綺麗ですね。どうも廊下の床だと感じが出ません。

イメージ 4

ついでに他の甲虫も載せます。これは見たことのないカミキリです。調べてみたら、ヤツメカミキリというようです。「原色日本甲虫図鑑IV」を見ると、ウメやサクラの幹にいてウメノキゴケに擬態しているとのことです。ウメノキゴケというのは灰緑色の地衣類のことです。

イメージ 5

これも天井にいました。カミキリムシは触角が長いので、全体を撮ると体が小さくなってしまいます。

イメージ 6

体の部分だけを拡大してみるとこんな感じになります。たぶん、ホソカミキリですね。一昨年、昨年とも7月に見ていました。

イメージ 7

キイロテントウがいました。いつ見ても可愛いですね。黒い2つの点が目のように見えますが、

イメージ 8

ちょっと斜め前から写すと下にちゃんと目が見えますね。

イメージ 9

コメツキもいましたが、相変わらず名前が分かりません。

イメージ 10

昨日から一番悩んでいるのはこのアリです。体がつやつやして綺麗なアリなので捕獲してきました。翅の落ちた後があるので女王アリのようです。早速、「日本産アリ類図鑑」の検索表を使って検索してみました。そうすると、ヤマアリ亜科にたどり着き、続いて、属の検索では例によって、オオアリ属かヤマアリ属かで迷ってしまいました。ただ、ヤマアリ属ではクロヤマアリなど見るからに違う種になるので、オオアリ属に進むとイトウオオアリとかウメマツオオアリに到達します。

これでよいのかなと思ったのですが、一応、顕微鏡写真だけは撮っておこうと思って撮ってみました。

イメージ 11

これは頭部の拡大です。かなり怖い顔をしていますね。触角柄節や脚の脛節が扁平で毛が生えていて、かなり変わったアリだなと思いました。これだけ特徴があれば、画像検索でも引っかかるかもと思って、「触角が扁平なアリ」というようないい加減なワードで検索をしてみました。そうしたら、似たような種にぶつかりました。実に、ケアリ属クサアリ亜属のクサアリモドキ(ヒラアシクサアリ)のようです。

これはショックです。どうして、ケアリ属なんかになるのだろう。すっかり自信をなくしてしまいました。しばらくしてから思い直してその原因を調べてみました。ヤマアリ亜科の属への検索で、前伸腹節の気門は縦に長い楕円形か、それともほぼ円形かという項目があります。前者ならばヤマアリ属、後者ならばケアリ属を含むいくつかの属になります。そこで、前伸腹節の気門をもう一度見てみました。

イメージ 19

これがその部分の写真です。前伸腹節の気門はどうみても楕円形です。ただ、縦には長くないので、これをほぼ円形とでも言うのでしょうか。あるいは、この検索表は働きアリ用なので、女王アリには適用できないのでしょうか。いずれにしても、羽アリでなぜ検索がうまくいかないのかその糸口がちょっとだけ見えたような気がします。

イメージ 12

次は蛾です。これは小さな蛾です。キバガなどの小さな蛾を探し回ったのですが、見つかりません。メイガにもありません。コヤガにもないので、半ば諦め気味に図鑑を見ていたら見つかりました。どうやらフタモンコブガというコブガ科の蛾でした。

イメージ 13

後はいつもの蛾でした。これはマダラニジュウシトリバでした。

イメージ 14

そして、これはクロシタアオイラガ

イメージ 15

それにマメノメイガ

イメージ 16

それからモモスズメです。

イメージ 17

最後はこのクモです。いつもサラグモ科かなとしていた種ですが、頭の付近を拡大してみると、

イメージ 18

触肢に刺のような突起(矢印)があります。「日本のクモ」のサラグモ科コサラグモの説明を読むと、「触肢の脛節にある大きな鈎状の突起が特徴的」とあります。鈎状ではないのですが、突起であることは確かです。コサラグモに近い種類かもしれません。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ヤマトタマムシは実物を見るのが一番綺麗ですね。
落ちているものは大抵カラスに襲われて飛べなくなったものなんで、完品というのは珍しいかも。
真夏になると低いところに産卵場所を探しに来るんで、産卵するメスが見られますけどね。 削除

2015/7/2(木) 午後 8:22 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

本当にそうですね。外で見た時は綺麗だったのですが、屋内で写真に撮ろうとすると意外に難しいです。カラスがタマムシを狙うのですか。そういえば、カラスは光りものが好きだったのですね。

マンションの近くにエノキがあって、以前、その周りをタマムシが何匹か飛んでいるのを見つけたのですが、翌年はフジに覆われたしまってまったく見ることができませんでした。今年はどこかにいないかなぁ。

2015/7/2(木) 午後 8:45 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事