廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

この間からヒラアシクサアリの女王アリを調べていたのですが、はっきりしない点が多くて困っていました。でも、このままお蔵入りにしてしまうのはつまらないので、これまでに分かったところだけでも書いてみます。

そもそも問題となる点は、検索表が働きアリ用になっていて女王アリには合わない項目があるところでした。それがどこかを明らかにしてみたいと思います。

イメージ 1

まず、ヒラアシクサアリというのはこんなアリです。クサアリモドキという名前になっていることもあります。触角の柄節が平たく、また、脚の腿節は脛節も平たく、やや膨れたような感じになっています。体全体に艶があって、大変綺麗なアリです。最近、マンションの廊下でよく見かけるのですが、この写真を含めすべて翅が脱落した後があるので女王アリみたいです。

初め、「日本産アリ類図鑑」の検索表で種の検索をしてみたのですが、うまくいかなくて、ネットの画像検索で名前を調べました。だから、合っているかどうかもよく分かりません。

イメージ 3

全体の写真を載せます。1mmのスケールを載せているので、体長が数ミリ程度であることが分かります。今回は女王アリの勉強のために、「日本産アリ類図鑑」の検索表を使ってこのアリを調べていきたいと思います。

イメージ 2

まずは、亜科の検索です。この検索では最終的にヤマアリ亜科になるのですが、その部分だけを抜粋して載せています。この検索に関連する部分は腹柄節、腹部末端、頭盾、腹部なので、その部分の写真を載せます。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

検索表の項目に関連する部分には数字を入れておきました。まず、①の腹柄節が1つというのはFig. 2を見ると分かります。腹部末端の様子はFig.5に載せています。特に刺の列はない感じです。頭盾はFig. 3で分かりますが、特に異常はありません。②の腹柄節が横からみて幅が狭いというのはFig. 2を見ると分かります。腹部第1節と2節の間がくびれないというのはFig. 4を見ると分かります。次の背板と腹板が融合していないことは見るのを忘れました。腹部末端に刺針を持たないことはFig. 5で分かります。最後の③は腹部末端が丸く開口して周りを毛が取り囲んでいることですが、Fig.5を見るとはっきりと分かります。

イメージ 8

次は属の検索です。ここは問題が多くて、その部分を赤字で書いています。④はFig. 2を見るとすぐに分かります。また、Fig. 3では⑤の大腮が見えます。三角形状です。⑥の触角節数はFig. 1で数えて見ましたが、12節でした。同じように翅の生えている♂アリの検索表を用いると、ここが13節になります。次の⑦と⑧は気門に関する部分です。先日来、気門、気門と言っていた訳がお分かりになるかと思います。その部分の写真をもう一度出します。

イメージ 9

イメージ 10

前伸腹節の気門はすぐに分かるのですが、中胸の気門はいまだに分かりません。この間までFig. 7の右側の黄色い膨らみの内側にあるのかなと思っていたのですが、今はその左の凹みの部分かなと思っています。いずれにしても、前伸腹節の気門で見られるような切れ込みが見えません。従って、⑦はパスということになります。次の⑧は前伸腹節の気門の形についてですが、切れ込み自体は細長くてとても丸いとは思えません。ただ、その周囲の凹みの部分も含めるとやや丸い感じもしないではないですが・・・。ということでこれもサスペンドです。⑦はオオアリ属かどうか、⑧はヤマアリ属かどうかを見分ける重要なポイントなのですが、その両方ともはっきりしないことが敗因になっています。

⑨もちょっと気になる表現です。と言うのは、Fig.2に示すように、女王アリでは中胸が発達し、それに押される形で前胸背板は頭のすぐ後ろにある小さい部分になってしまうのですが、働きアリでは胸の半分近くを覆う広い部分になっています。従って、、前胸が短いというのはどの程度のことをいうのかがはっきりしません。次の⑩の複眼は頭部側面の後方よりというのは、写真が悪くてやや分かりにくいのですが、Fig.1かFig.3を見ると中央よりやや後ろに配置していることが分かります。次に書いてある、前・中胸背面の軟毛や剛毛はまったくありません。ここも問題です。

最後の⑪は頭部後縁が凹むということですが、Fig. 3を見るとよく分かると思います。大腮に歯が7つ以上と言うのは何となくその程度はあるのですが、大きい歯や小さい歯があってはっきりはしません。ということで、はっきりしない点が多いのですが、それを除くとケアリ属になりました。

イメージ 11

最後は亜属と種の検索ですが、むしろここは明快でした。⑫は色が漆黒色であり、小腮鬚が短いことです。Fig. 3に小腮鬚が見えていますが、とても頭部と胸部の間まで届きそうにはありません。これでクサアリ亜属になりました。⑫からはもっぱら腹柄節の形についてです。まず、後方から見てという部分の写真を載せます。

イメージ 12

これは実は、前方から見た写真なのですが、側辺はほぼ平行で背縁中央部が凹むことはよく分かると思います。次の⑭の側面から見た写真はFig.2を見ると分かります。頂部は尖って逆V字系と言うのは何となく分かります。⑮については腹柄節の前縁部分が真っ直ぐ下に落ちているのではなくて、少し角のあるような、あるいは湾曲して下にいくことを示しています。やや微妙ですが、そう言われればそうかなという感じです。でも、これでヒラアシクサアリになりました。

ということで、亜科と種の検索は女王アリでも問題はなかったのですが、属が問題でした。まずは翅が生えることで、中胸が大きく発達します。それに伴って前胸は前に追いやられるともに、胸部の気門の位置や形も変化し、また、背板表面の構造なども変化するようです。従って、この部分では働きアリの検索表が使えなくなるのかもしれません。この辺は、実は雄アリも同じ状況なので、ひょっとするとそちらの検索表を用いると属の検索はうまくいくかもしれません。今度試してみます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事