廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第641弾

一昨日の「廊下のむし探検」の続きです。

イメージ 1

今日はアオシャクからです。アオシャクはみな似ているので、また、いつものかなと思って撮影したのですが、どうも外横線や内横線がいつものアオシャクと合いません。いろいろと調べたのですが、たぶん、ハガタキスジアオシャクかなと思っています。だとすると、初めて見ました。「大図鑑」によると、平地にも山地にも産するが少ないとのことです。

イメージ 2

これもアオシャクですが、いつも見るコヨツメアオシャクです。小さくて模様も綺麗なので、つい何度も撮影してしまいます。

イメージ 3

クロテントビヒメシャクとウスクロテンヒメシャクという似た種があります。「標準図鑑」によると、外横線の外側が一様に濃暗紫色なのが前者、濃暗紫色鱗がかすれたような色彩が後者という説明があります。これによると後者かなと思うのですが、図版には前者にも同様の色彩の個体が載っていてはっきりしません。

イメージ 4

翅端に鎌状のマークがあるのでアカテンクチバですね。

イメージ 5

いつもより色が鮮明な感じがするのですが、やはりいつものマダラエグリバですね。

イメージ 6

これはトビスジアツバかな。

イメージ 7

それにスジキリヨトウ

イメージ 8

それにオオエグリシャチホコもいました。

イメージ 9

ヒメマダラミズメイガがいました。この種は夏にマンションでたくさん発生します。これを見ると夏だなぁと思うのでは私だけでしょうね。

イメージ 10

これも似た種が多くていつも迷う種です。外横線が前縁付近でちょっと曲がっているので、いつもヒメアカウスグロノメイガとしているのですが、よくは分かりません。

イメージ 11

これはたぶん、ムモンハビロキバガだと思います。7月になって、ちょっと蛾は減ってきた気がしますが、小さな蛾は逆に多くなった感じですね。

イメージ 12

イメージ 13

かなり大きめのクモが廊下に横たわっていました。ちょっと気持ち悪かったのですが、写してみました。アシナガグモであることは間違いないと思いますが、名前までは分かりませんでした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事