廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第648弾

一昨日の「廊下のむし探検」の結果です。この日はこんな珍客が来ていました。

イメージ 1

一階の廊下の手すりの下の凹みにいました。この場所はよくカエルがやってきます。以前、モリアオガエルがいたときもそうだし、この間、ニホンアマガエルがいたのもこの近くです。これもニホンアマガエルだと思いますが、ずいぶん変わった色ですね。下の色と合わせているのでしょうか。

イメージ 2

前からもちょっと写して見ました。フラッシュをたいて写してもまったく動きませんね。

イメージ 3

久しぶりにクサカゲロウがいました。また、顔をアップです。

イメージ 4

顔に片側2つの黒い点。ヨツボシクサカゲロウでしょうね。

イメージ 5

こちらはまた別の種類です。横脈がみな黒いですね。これも顔をアップです。

イメージ 6

これは目の横に黒い点が一つ。ただし、口肢の末端節が黒いので、たぶん、クロヒゲフタモンクサカゲロウだと思います。

イメージ 7

ターバン眼のような感じです。だとすると、コカゲロウなのかな。種類までは分かりませんでした。(追記2016/01/24:カゲロウを整理していて見つけました。尾毛が3本、それにターバン眼のような複眼。トビイロカゲロウ科のようです。ネットで調べると、ヒメトビイロカゲロウの画像に似ている感じですが、まだよく分かりません)(追記2016/01/24:御勢(1980)に載っている検索表で種の検索をしてみました。後翅に前縁突起があり、それが鈍角なことからヒメトビイロカゲロウ属。この属は日本に1種だけで、ヒメトビイロカゲロウで間違いないのではと思いました

イメージ 8

これはマダラバッタかな。

イメージ 9

それにベッコウハゴロモです。

イメージ 10

アブの名前調べは難しかったのですね。あまり真剣に撮らなかった・・・。

イメージ 11

この手のクモはなかなか難しいようです。「日本のクモ」やネットを見ると、ウロコアシナガグモとエゾアシナガグモは特に♀では区別がつかないとのことです。これは♀なので駄目でしょうね。

イメージ 12

これはワシグモ科のシノノメトンビグモかな。

イメージ 13

これはアサヒエビグモでしょうね。

蛾と甲虫は次回に回します。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ニホンアマガエルって、白くも化けられるんですね。
灰色の斑にはなれるから、その薄い色になってるのか。
なかなか見事な化けっぷりです。 削除

2015/7/17(金) 午後 9:54 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

そう言われると体の横の辺りはうっすらと緑色が残っていますね。どのくらいの速さで変身するのだろう。別の色の場所に置いたら変身するのだろうか。興味がつきないですね。でも、いつもは同じ場所にいても緑のままだったのですけど・・・。

2015/7/18(土) 午前 7:14 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事