廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第657弾

昨日も今日も忙しくて廊下を歩く暇がありませんでした。天気もずっと雨だったし・・・。昨日の夕方、外出の時にちらっと見た虫だけになってしまいました。

イメージ 1

こんな虫が家の前の壁の上の方に止まっていました。見たのは初めてだったのですが、「バッタ・コオロギ・キリギリス生態図鑑」で調べてみると、ツユムシ科のホソクビツユムシに似ています。それにしても長い触角ですね。「原色昆虫大図鑑III」によると、この触角、ほぼ1cmごとに白色部があるとのこと。ちょっと見にくいのですが、確かに白い部分が周期的にあります。1cmごとかなぁ。ついでに顔の部分を拡大してみます。

イメージ 2

首というより、前胸背板の部分が狭くなっているみたいですね。「大図鑑」の説明によると、「鳴き声はチッチゼミの声に、はなはだ似ているが、チッチゼミのように一様に連続しないので区別できる。」とのことです。この写真の個体は♂のようなので、待っていたら鳴いたかもしれませんね。それにしても、チッチゼミにはなはだ似ているというのは、いったいどんな声なのでしょう。

追記:図鑑に載っている「聞き做し(ききなし)」を集めてみました。

ツー・ツー・チキッ        「バッタ・コオロギ・キリギリス生態図鑑」
チーチーチーチーチキチチ  「学研生物図鑑 昆虫III」
ジィ・ジィ・ツキチッ        「原色日本昆虫図鑑下巻」

どれが一番近いでしょう。どれも、ツーツーかチーチーの後にチキかツキという音が入るみたいですね。いずれにしても、♂が昼間鳴くそうです
一方、チッチゼミの方は、「チッチッチ・・・という同調子の連続音」という表現で一致していました

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

なるほど、言われてみれば似ていると思い出しました。
セミ?と思ってそこら中でしている鳴き声の主を探したら、見たことのあるホソクビツユムシだったんですよね。
メスは全身緑で別種の様ですが、この時期に成虫なので分かります。
尤も、初めてメスを見た時は、オスが求愛中だったのに別種とケンカしてるのかと思ってしまいましたが。 削除

2015/7/23(木) 午後 9:09 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

やはりそんなに蝉に似ているのですね。チッチゼミは秋になると家のベランでも聞こえてくるのでよく知っています。今日は耳を澄ませてその似た声を聞いてみます。♂♀両方が同時に見れたなんて、羨ましいです。

2015/7/24(金) 午前 5:29 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事