廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第665弾

昨日の「廊下のむし探検」の結果です。「虫展」が迫ってきて一日中ばたばたしていて、今頃になって昨日見た虫の名前調べをしています。でも、今日は販売店に連絡して、明日、プロジェクターが届くことが分かりとりあえずほっとしています。

イメージ 1

今日の最初はこの虫です。体長は5.4mmくらい、前翅長は6.0mmなので、写真の印象よりだいぶ小さなカゲロウです。たぶん、ミドリヒメカゲロウではないかと思っています。以前も見たことがあって、その時は翅に黒い点があったのですが、この写真の個体はうっすらとあるだけであまりはっきりしません。でも、同じ種かなと思っています。これはクサカゲロウではなくて、ヒメカゲロウの仲間です。

イメージ 2

この間調べたトビイロケアリの女王アリと似ています。でも、はっきりとはしません。この辺りのアリがぱっと分かるようになるとよいなと思うのですが、なかなか先は長いです。

イメージ 3

このカミキリの名前調べにはだいぶ時間がかかりました。「原色日本甲虫図鑑IV」を見て、次に、「原色昆虫大図鑑II」の図版を見て、もう一度、「原色日本甲虫図鑑IV」を見て、やっとそれらしい種にたどり着きました。カタシロゴマフカミキリという種です。体全体に毛が生えていますが、「図鑑」によると、「体表の立毛は長く密布し」とあるので一致しています。北海道から九州まで分布しているようです。

イメージ 4

これはハイイロヤハズカミキリですね。

イメージ 5

このハムシは前胸背板に深い横溝が入っています。これから、スジカミナリハムシではないかと思います。

イメージ 6

これはケナガスグリゾウムシ

イメージ 7

それにサビマダラオオホソカタムシですね。

イメージ 8

蛾ではクチバスズメがいました。最近、スズメガを見ることが多いですね。動かないからいいけど、バタバタしてたら怖いですね。

イメージ 9

これはフタナミトビヒメシャク

イメージ 10

カバナミシャクです。図鑑を何度も見たのですが、結局、よく分かりませんでした。

イメージ 11

そして、コガタシロモンノメイガ

イメージ 12

それにウスオビトガリメイガ。いつもは翅を広げ、体を起こして止まっているのですが、ときどきこんな止まり方もしますね。

イメージ 13

最後はこのクモです。このクモは何度も見ていて、いつもヘリジロサラグモとしているのですが、合っているのかどうか。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

プロジェクターは無事届きそうですか。
虫展の成功を祈っております。

スズメガの仲間はお休み中は大人しいですね。
プルプルと翅を震わせなければ、いきなり飛ぶことも無いですし。
夜行性のものなどは、日中は寝惚けてて大人しいものです。 削除

2015/7/31(金) 午後 10:03 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

昨日、プロジェクターも届き、先ほどやっとすべての準備が整いました。去年も大変だったけれど、今年も大変でしたね。

スズメガ、昼間は寝ぼけていて助かります。あれが元気だったら地下駐車場にはとても入れません。

2015/8/1(土) 午後 7:52 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事