廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第681弾

一昨日の「廊下のむし探検」の報告をまだ続けています。最後の蛾についです。この日はこんな変わった形の蛾がいました。

イメージ 1

写した時は普通のハマキガかなと思って注意を払わなかったのですが、後で写真を見るとずいぶん変わった形をしています。「大図鑑」で探してみると、マルハキバガ科のオオエグリヒラタマルハキバガという種に似ています。「標準図鑑」を見てみると、科と和名が変わってエグリキバガ科のオオエグリキバガになっていました。翅がこんなにえぐれているわけではなくて、前縁が少し湾曲する程度で、湾曲部の両側の鱗粉が隆起して、全体としてえぐれているように見えるのだそうです。

似た種にネズミエグリキバガという種もいて、区別がつきにくいのですが、「標準図鑑」によると、「前翅斑紋はネズミの方が中室端の白い小点が明瞭で中室の中央と後縁側ひだ上に暗褐色点があらわれ、また、外縁には暗褐色の外縁線が明瞭で、そこから生じる縁毛は黄色いことが多いなどの点でオオとは異なることが多い。」とのことです。暗褐色点は明瞭なのですが、白い小点は不明瞭、外縁線は点状になっていて、縁毛は黄色というわけではなく・・・といろいろ迷うのですが、たぶん、オオエグリキバガかなと思っています。

イメージ 2

以前も見た気がするのですが、プライヤハマキではないかと考えています。

イメージ 3

これはキベリトガリメイガでしょうね。

イメージ 4

それにトビイロシマメイガ

イメージ 5

それにテングイラガです。いろいろな蛾がいますね。

イメージ 6

これはウスギヌカギバです。

イメージ 7

それにこの間もいたウスバミスジエダシャク

イメージ 8

それにコトビモンシャチホコ。どれも最近よく見る蛾ですね。

イメージ 9

アカエグリバ

イメージ 10

光って模様がよく見えませんが、たぶん、スジキリヨトウだと思います。

イメージ 11

最後はシマフコヤガです。結構、綺麗に撮れました。これでやっと一昨日の整理ができました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事