廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

この間からちっちゃなハバチに悩まされています。どうも検索がうまくいきません。そこで、今回はいろいろな本に載っている検索表をすべて試してみることにしました。だから、もやもやした結果に終わることをご承知おきください。でも、こうやって悩むのも勉強のうちだと思って頑張ってみます。

イメージ 1

体長は6.1mmの小さなハバチです。特にこのハチに興味があったというわけではなくて、たまたまいたので捕まえたというだけだったのですが・・・。

まずは何科になるか調べてみました。ここで、2つの本を参考にしました。まずは、「絵解きで調べる昆虫」です。このハチはとりあえずハバチ科になると思われるのですが、その検索の過程を書いてみます。

イメージ 2

次は、「原色昆虫大図鑑III」です。これも書いてみます。

イメージ 3

これを一つづつ調べていきました。例によって、参考にする写真を載せます。また、検索の項目に関係するところには記号とその内容を書き入れました。

イメージ 4

まず、検索表の①と②はすぐに分かるので、③を調べてみます。中胸背には横溝はありません。次の④は次の写真を見てください。

イメージ 15

触角は複眼の間から出ています。従って、④もOKです。⑤は最初の写真を見ると分かります。⑥は次の写真を見てください。

イメージ 16

これは前脚脛節の写真ですが、末端に2本の距が出ています。従って、⑥もOKです。⑦はFig. 2を見ると分かりますが、前胸背板後縁は深く湾入しています。⑧と⑨は触角に関するもので、Fig. 1を見ると分かります。⑨の後半の「前翅は2r脈を持つ」というのは次の写真を見てください。

イメージ 17

2r脈は破線の矢印で示したところにあるはずの横脈です。実は、この個体には2r脈はありません。従って、⑨の後半の条件は合わないことになります。一方、もう一つの選択肢を選ぶと、触角には鋸歯や櫛歯があることになり、明らかに異なります。ハバチ科には2r脈がある種もない種も含まれるので、この条件を飛ばすとハバチ科になります。 なお、翅脈の名称は後で紹介するInsects and Arachnids of Canada Handbook Series, 20 (1992)によっています。また、R+M?と書いたのは、もとの文献ではRとなっているのですが、これはMの通り道でもあるので、R+Mと書くべきではないかと思って書きました。

どうもはっきりしないので、次は「原色昆虫大図鑑III」の検索表を使ってみました。aは良いとして、bの最初は先ほどの④と同じ項目です。後半の後翅の翅脈については次の写真を見てください。

イメージ 18

見ると分かりますが、後翅にはいくつかの閉じた室があります。従って、これもOKです。次のcは⑤と同じです。そして、dは先程の⑨と同じで2r脈についてです。今度は2rがないという選択肢を選ぶことができました。eは上の写真で示す通り、後翅のm-cu脈で閉じた室があることを示しています。そして、最後のfは触角の節数ですが、Fig. 1に示したように全部で9節です。これでハバチ科、または、クビナガキバチ科になりました。またしてもはっきりしないのですが、たぶん、ハバチ科で良いのでしょう。

次は亜科への検索です。これはもっぱら翅脈で検索をします。ハチ特有の翅脈の呼び方が出てくるので、復習のために以前に出した図をもう一度出しておきます。

イメージ 5

さて、検索を始めるのですが、まず、「絵解きで調べる昆虫」に載っているハバチ科の検索表を使ってみます。

イメージ 20

これは検索表の最初の部分を図にしてみたのですが、検索を進めると赤の矢印に従って進むことになるので、最終的にハバチ亜科になります。その過程を次の翅脈の写真から見ていきます。

イメージ 6

もっとも重要な点は、⑪で示したように、R+M?と書いた翅脈の両側の合流点が離れているか、あるいは、一点で接するかという選択です。この個体では明らかに離れているので、赤矢印の通り進むことになります。さらに、⑫で示した肘脈基部は直線状なので、疑いもなくハバチ亜科になります。

ところが、別の検索表を用いてみます。

イメージ 21

これは「大阪府のハバチ・キバチ類」に載っている検索表です。先ほどとほとんど同じなのですが、2つの合流点間の距離が第1肘横脈より長いか、短いかという条件が新たについています。そこで、その部分を測ってみました。

イメージ 7

㉑、㉑'と書いた文の上にある数字がそれなのですが、R+M脈の長さは1m-cu脈の長さの1.02倍になり、ほとんど同長です。つまりどちらも合わないことになります。そこで両方の道を進むことにすると、左側はハバチ亜科になります。右側の道を進むと、先ほど同じ肘脈基部が直線かという㉒の項目になり、次に㉓の第1,2反上脈は同じ肘室につながるかという項目があります。上の写真を見るとともに同一の室につながっているので、そちらを選ぶと、最終的にヒゲナガハバチ亜科になりました。

追記2016/02/17:第1肘横脈が間違っていました。1m-cuではなく、2r-mの基部側にあるRsと書いた脈でした。従って、基脈と肘脈の亜前縁脈との合流部間の距離は第1肘横脈の長さよりは十分に長いので、ハバチ亜科に進むことになります。そこで、もう一度検索を試みたのですが、「絵解きで調べる昆虫」でも「大阪府のハバチ・キバチ類」でも検索表の最初に前翅肛室の形状を選ぶ項目があります。ところが、写真のように基部は完全に融合し、先端だけに肛室があるような形状を選ぶことができず、そこから先に進めません。どうやらハバチ亜科ではなさそうです。「大阪府のハバチ・キバチ類」の標本写真を見ると、基脈と肘脈の亜前縁脈との合流部が離れ、2r脈がなく、基部は完全に融合して先端だけに肛室があるような種がヒゲナガハバチ亜科には見られます。やはりヒゲナガハバチ亜科かもしれません。それではどうして、検索表でそちらにいかないのでしょう

まだ、はっきりしないので、今度は外国の本の検索表を使ってみました。使ったのは次の本です。

H. Goulet, "The genera and subgenera of the sawflies of Canada and Alaska: Hymenoptera: Symphyta", Insects and Arachnids of Canada Handbook Series, 20 (1992). (こちらからダウンロードできます)

このハバチ科の亜科への検索表をつたない語学力で訳してまとめたのが次の図です。

イメージ 8


多くの亜科が関係していたので、YESか、NOで選ぶ形式で書いてみました。ポイントとなるのは図中の㉛から㉟までの条件です。実際にやってみるとこの個体ではこれらすべてが満足され、ハチ屋さんから教えていただいた通り、ヒゲナガハバチ亜科になりました。翅の写真に詳細を書き込んでみました。

イメージ 19

ちょっとごちゃごちゃしてしまいましたが、まず、㉛については翅脈間の角度は79度になり、まぁ、範囲に入っています(検索の文を合わせるために翅脈の名称をRとしています)。㉜は合流地点間の距離と1m-cu横脈の長さの比ですが、2.3倍となり、これも範囲に入ります。さらに、㉝は2つの翅脈の延長線が縁紋側で交わるかという点ですが、確かに交わります。これらの条件でハバチ亜科は除外できます。㉞は2Aと3Aが完全には輪郭を描いて室をつくらないという項目なので、これもOKです。最後の㉟は1Rs室に2本の横脈がつながっていることを示していて、これもOKです。この場合は、あまり問題となるところはなく、ヒゲナガハバチ亜科になりました。

ハチ屋さんの意見を踏まえて、たぶん、ヒゲナガハバチ亜科なのだろうと思って、「絵解きで調べる昆虫」で属の検索も行ったのですが、交尾器の辺りの記述がどうもよく分からなくて、今のところちょっとお手上げです。ただ、検索のために写真を何枚か撮ったので、一応、載せておきます。

イメージ 9

顔と触角を写したものです。

イメージ 10

腹を背側から撮ったものです。腹部第1背板の辺りに十字の模様がありました。

イメージ 11

前脚と中脚は淡色で、後脚腿節の途中から黒色になっていました。腹部の腹側も淡色です。

イメージ 12

イメージ 13

腹部末端の写真です。上が横から、下は腹側からです。これは♀なのでしょうか?よく分かりません。

イメージ 14

最後は脚の爪です。こんな二重の爪になっていました。これも検索では使うので、撮ることは撮ったのですけど・・・。

それにしても、ハバチの検索は難しいですね。いったいどの本を信じたらよいのかさっぱり分からなくなりました。

追記2016/02/18:「絵解きで調べる昆虫」で属の検索に挑戦しました。検索した結果、ヒゲナガハバチ亜科Pristiphora属ではないかと思ったのですが、その部分の検索表を書いてみます。

イメージ 22

まず、㊵と㊶は共にFig. 10を見るとすぐに分かります。また、脛節、跗節に特に異常が見られないことはFig. 13に、腹部末端節に異常がないことはFigs. 14と15を見ると分かります。また、㊹の頭盾下縁はFig. 3を見ると分かりますが、広く窪んでいますが、中央が湾入することはありません。従って、これもOKです。最後の爪はFig. 16を見ると、爪に歯はあるもののその基部に基片という出っ張りはありません。ということで、Pristiphora属になりました。合っているかなぁ

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

Pristiphora属を調べていたらこちらへ入りました。
難しいことは分かりましたが闇の中にいるようですね。
まだまだ解明が進んでいない分野なのでしょう。
またいろいろ参考にさせて頂きます。

2016/7/13(水) 午前 5:29 [ バンビ ] 返信する

顔アイコン

バンピさん、初めまして。
今、あらためて自分の記事を読み直してみたら、混とんとした内容ですね。ハバチの検索をしてみようと思い立ったのですが、検索表の初めの部分で躓いてしまって・・・。でも、今では少し事情が分かったので、もう少しすっきりさせることはできると思います。これまで、いろいろな虫の検索をしてきましたが、ハチは私にとっては強敵でなかなか立ち向かうさえできません。その中ではハバチや有剣類は情報があるので、少しは攻められるかなと思っています。こんな風に暗中模索をしていますので、よろしくお願いします。

2016/7/13(水) 午前 6:56 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事