廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第692弾

アリを調べていたら、蛾の名前調べが止まってしまい、それで、慌ててやりました。一昨日の「廊下のむし探検」の結果です。

イメージ 1

今日の最初はこの蛾からです。ちょっと上からも撮影しました。

イメージ 2

以前はよく見かけたのですが、最近はあまり見なくなりました。似た種が多くて、いつも迷う種です。ムクツマキシャチホコ、タカサゴツマキシャチホコ、ツマキシャチホコ、クロツマキシャチホコの4種です。どれも近畿地方には分布するので困ってしまいます。でも、違いを書いた分かりやすいサイトが見つかりました。これによると、この個体はムクツマキシャチホコみたいです。

イメージ 3

イメージ 4

コトビモンシャチホコはこの日は3匹いました。

イメージ 5

いつもより小さなコスズメです。

イメージ 6

オオミズアオがこんな感じで死んでいました。

イメージ 7

アカエグリバも最近、よく見ますね。

イメージ 8

また、ヒメシャクですね。外縁に点列があり、外横線が翅脈上で濃くなっているので、サクライキヒメシャクかなと思ったのですが、あまり自信はありません。

イメージ 9

それにシロオビノメイガ

イメージ 10

これはいつものコゲチャオオフサキバガあたりの蛾です。脚が黒いのですね。

イメージ 11

最後はテングイラガです。いつも天井に止まっていて、写しても小さいのですが、この日はちょうどよい高さに止まっていたのではっきり撮れました。

来年になるとマンションの回収工事が始まって全体に覆いがかぶさるので、「廊下のむし探検」もしばらく休業になってしまいます。それで、少し今までのブログをまとめてみようという気になっています。ひとつは「廊下のむし探検」のWeb版の図鑑を作ること(冊子にしても、このマンションの人しか見ないと思うので・・・)。もう一つは、「虫を調べる」を冊子にしてまとめることです。

図鑑の方にはまだ手をつけていないのですが、できるだけ今までの画像リストを活用して作ってみようと思っています。「虫を調べる」の冊子はとりあえず記事ごとにwordに取り込み、図を入れて編集をしているのですが、これがかなり大変な作業です。なんせ図がじっとしてくれないので・・・。でも、とりあえず、5つほどpdf化してHPに載せてみました(こちらの「虫を調べる」アーカイブを見て下さい)。こんな風にまとめて印刷しておくと、私のように忘れっぽい人間には便利かなと思っています。ですが、ともかく作るのが大変です。以前はこんな印刷用の文章を作るときにはTeXを使っていました。確かに図をページの上か下に入れるときは非常に便利なのですが、途中に入れるのは一苦労でした。何かよいソフトはないかな。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事