廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第701弾

今日の「廊下のむし探検」の結果です。蛾の名前調べがさきほど終わったので、これから出します。

イメージ 1

今日の最初はこのコブノメイガです。よくいる蛾なのですが、いつも天井に止まっているので、あまり拡大して撮れませんでした。今日は壁に止まっていてくれたので、接写で撮ることができました。よく見ると、翅の前縁部分がちょっと変です。「日本産蛾類大図鑑」の説明を読むと、「♂は前翅前縁の基部から1/3の部分に黒鱗による隆起があり、中室内に黄色鱗が生えている。」とのことでした。確かに写真を見ると、前縁部分が膨れている感じです。従って、これが♂のようです。中室内の黄色鱗というのはどれを指しているのだろう。

イメージ 2

これも壁に止まっていたので大きく撮れました。たぶん、モンキクロノメイガだと思います。メイガは小さいのですが、こうやって大きく撮るとなかなか凝った姿をしています。

イメージ 3

こちらは天井に止まっていたのですが、マエウスモンキノメイガかなと思います。

イメージ 4

こちらはヒメシロノメイガです。

イメージ 5

そして、いつものシバツトガです。

イメージ 6

これはコアヤシャクです。あまり見かけない蛾なのですが、一昨年の10月に一度見ていました。だから、これで2回めです。

イメージ 7

キマエアオシャク

イメージ 8

これは綺麗に撮れたのですが、名前がなかなか分かりませんでした。たぶん、ヒメウスアオシャクだと思うのですが、ちょっと自信はありません。

イメージ 9

これはウスキコヤガです。

イメージ 10

これはたぶん、オオカバスジヤガだと思うのですが、これもちょっと自信はありません。

イメージ 11

最後はオオウンモンクチバです。

蛾だけでかなりの数がいたので、他の虫は次回に回します。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ノメイガは観察しづらいか、殆ど判別不能のものしか見てませんねえ。
野外では追いかけられないところに逃げ込まれるか、高いところの灯りに居るので、細かいところまでは見えないんですよね。
コブノメイガは見たことある筈だから、今度は性差も気にして見てみないと。 削除

2015/9/5(土) 午前 9:11 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

メイガは小さいのでいつもいい加減に撮影していたのですが、接写をしてみると、結構、個性があって面白いですね。天井に止まっていることが多いので、なかなか近づけないのですけど・・・。これから頑張って撮ってみようと思っています。

2015/9/5(土) 午後 9:14 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事