廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第711弾

一昨日の「廊下のむし探検」の結果です。9月になって虫が減ってきた感じです。すっかり秋になったようですね。今年ももう終わりかな。

イメージ 1

秋になるとこのマツヘリカメムシを見始めます。思えば、2013年10月25日にマンションで初めて見つけてから、毎年毎年数が増えてきています。ネットを探していると、次のような報文を見つけました。

根来 淳代・植田 義輔、"マツヘリカメムシの大阪府枚方市からの記録"、きべりはむし 37 (1)、41 (2014). (ここからpdfがダウンロードできます)

「きべりはむし」は兵庫昆虫同好会の機関紙です。これを読むと、このブログが引用されていて、この記録が近畿初記録だったようです。今年もこれからだんだん増えてくるでしょう。

イメージ 2

廊下の壁にりっぱなカミキリが止まっていました。触角が短いのでニセノコギリカミキリでしょうね。触角があまりに立派なので拡大してみました。

イメージ 3

全部で12節。♂みたいですね。

イメージ 4

オオセンチコガネは廊下のあちこちで転がっています。いつもひっくり返っているのですが、これはまともだったので撮影しました。自分で起き上がれないと困るでしょうに・・・。

イメージ 5

これは地下駐車場の天井にいました。オオゾウムシです。

イメージ 6

ホシウスバカゲロウもいました。

イメージ 7

マダラガガンボの♀です。この辺りにいるのはみなマダラガガンボ近縁種の方だったので、これもおそらくそうでしょうね(2014/04/14の記事を見てください)。

蛾は多いので、次回に回します。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

オオゾウムシって、新しい松の切り株に群がってたのを見た以外では、殆どが道路か玄関か壁(笑)

マダラガガンボは交尾器を確認したオスは全て近縁種の方でした。
分布と割合はどうなってるんでしょうかねえ… 削除

2015/9/16(水) 午後 11:59 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

オオゾウムシは天井に止まっている姿をよく見かけます。マンションの廊下ばかり観察しているので、野外でどんなところにいるか分からなくなりました。

そうですか、長野(千葉?)でも近縁種ですか。他の地方も知りたいですね。

2015/9/17(木) 午後 8:11 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事