廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第714弾

一昨日の「廊下のむし探検」の結果です。

イメージ 1

イメージ 2

今日の最初はこの蛾で、ヤマトアツバといいます。私にとっては馴染みの深い蛾なのですが、「標準図鑑」によると、分布は本州(京都府、大阪府、兵庫県)となっていて、私の住む近畿一円だけで採集されているようです。私のマンションでは今年の6月9日にも見ていました。小さな蛾ですが、何となく落ち着きなく動きまわります。

イメージ 3

アツバついでに他の蛾です。これはヤマガタアツバだと思います。こちらはよく見ます。

イメージ 4

そしてこれはトビモンアツバ

イメージ 5

色が薄いので、何だろうと思ったのですが、たぶん、いつも見ているアオアツバだと思います。

イメージ 6

これはオオシロテンクチバだろうと思います。こちらは「廊下のむし探検」初登場です。

イメージ 7

それから前日も見たミツモンキンウワバ

イメージ 8

それにリュウキュウキノカワガです。変わった模様をしていますね。琉球という名がついていますが、本州、四国、九州にも分布しています。

イメージ 9

前脚にちょっと黄色い部分が見えています。それでキハラゴマダラヒトリだと思います。

イメージ 10

アカスジシロコケガですが、前翅前縁が途中で窪んでいます。これは♂の方です。

イメージ 11

イメージ 12

下の方が蛾は色が薄いですが、ともに、ヨツボシホソバの♂だと思います。

イメージ 13

♀もいたのですが、こちらはヨツボシホソバか、マエグロホソバか区別がつきません。

この間から「廊下のむし図鑑」を作ろうと思って、いろいろと試しています。とにかく楽に作れるWeb版図鑑にしようと思っています。今日試しにイラガ科を作ってみました。こちらを見て下さい。イラガ科以外はリンクを張っていないので開きません。これはHTMLでTABLEを作っておいて、その中身を別にEXCELで作っておき、EXCELの該当欄をコピーをするだけで簡単にできるようにしています。画像をクリックすると大きくなり、また、種名をクリックするとこれまでの画像リストにリンクするようにしています。画像リストはもともとTABLE形式で作られているので、目的とする行にアンカーを置いておき、そこを参照するようにしています。こんな感じでWeb版図鑑を作っていこうかなと思っています。

ついでにこれまでの集計も行いました。今日の分まで合わせて、

蛾 850種、カメムシ 98種、甲虫 378種、その他 366種  合計 1692種

でした。もう一年ほど観察を続ければ2000種になったかも。でも、来年の3月からはマンションの改修が始まるので、「廊下のむし探検」も当分の間お休みになります。ちょっと残念、ちょっとホッと。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

ヤマトアツバいいですね。実は以前から自家版「蛾類図鑑」を作っているのですが、ヤマトアツバが手に入らなくて・・・。北摂でも、どこにでもいる蛾ではなく貴重なものです。 削除

2015/9/18(金) 午後 5:07 [ ささき ] 返信する

顔アイコン

ささきさん、お早うございます。ヤマトアツバは珍しいという話はよく聞くのですが、どういう訳か私のマンションでは昔からときどき見ます。模様が際立っていて、小さいので私のお気に入りです。

自家版「蛾類図鑑」はすごいですね。全国版を作られているのでしょうか。

2015/9/19(土) 午前 9:50 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

ヤマトアツバの壁画の様な模様は良いですよね。
実物が見られる地域の方が羨ましいです。 削除

2015/9/19(土) 午後 4:25 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

そう言われると古風な模様ですね。ブログを始めて3年。その間に2匹だったので、やはりそんなに多くはないですね。今度はいつ見られることやら。

2015/9/19(土) 午後 8:41 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事