廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第722弾

だいぶ、名前調べが追いついてきました。一昨日の「廊下のむし探検」の結果です。蛾はたくさんいたので、その他の虫を先に出します。

イメージ 1

まず最初はこのチビタマムシです。名前調べは頭盾を見ないと分からないなと思い出して、チャック付きビニールの小袋に入れて持って帰りました。でも、どこを見ても虫を入れた小袋が見つかりません。いろいろと探していて、ふと、服の上に黒い塊が。チャックがうまく閉まってなかったようです。

体長は3.4mm。外観からナミガタチビタマムシあたりかなと思って、とりあえず頭盾の縦横比を測ってみました。

イメージ 2

まずは外観から。

イメージ 3

次は頭盾です。写真の中の黄色い線の長さを測ったのですが、最初見た時は長方形でもないのに、どれを縦、どれを横にするのかなと思ってしまいました。でも、とりあえず横/縦比を測ると2.1。ちなみに以前にも同じような測定をしていました。その時は、体長3.2mm、頭盾の横/縦比はやはり2.1倍でした。外観もよく似ています。やはり以前見たものと同じでナミガタチビタマムシみたいです。

イメージ 4

甲虫ついでにオオゾウムシも出しています。最近は毎日見ますね。

イメージ 5

これはホオズキカメムシですね。

イメージ 6

次はミツボシツチカメムシです。なんだか翅を開きそうな感じです。ちょっと待ってみました。

イメージ 7

案の定、翅を開けましたが、意外に飛び立ちません。

イメージ 8

そのまま翅を収めてしまいました。

イメージ 9

マツヘリカメムシがまたいました。秋になるとしょっちゅう見ます。

イメージ 10

この複雑な模様のウスバカゲロウはコマダラウスバカゲロウです。今年の7月終わりにも見ていました。

イメージ 11

羽アリがいました。多分、雄アリでしょうね。でも、今回はパスです。

イメージ 12

今度は翅を落とした女王アリです。腹柄節が2節あるような感じです。色も変わっているし、採集しても良かったのですが、女王アリは検索表がないので、どうせ分からないだろうと思って捕まえませんでした。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

何か気になったのか、翅を広げて畳み直す虫って時々居ますね。
そう言えば、今日見たツノクモゾウムシは後翅がはみ出てたけど気にならなかったんだろうか?

コマダラウスバカゲロウは幼虫しか見たことが無いんですが、こんなに変わったウスバカゲロウなんですね。
体色も白いし、こんなに模様があるなんて、成虫を見付けてみたいですね。 削除

2015/9/24(木) 午後 8:23 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

翅がうまく収まらなかったのかなぁ。ハネカクシもときどき翅がはみ出ていることがあります。これを気持ち悪いと思うか、どうでもいいやと思うのかの違いかな。

コマダラウスバカゲロウはなかなか複雑な模様です。実物を見られるとちょっと感動されるかもしれません。

2015/9/25(金) 午後 8:18 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事