廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第724弾

昨日の「廊下のむし探検」の結果です。この日は小さなカメムシが何匹も廊下の壁に止まっていました。

イメージ 1

こんなカメムシです。カスミカメムシですね。調べてみると、ケブカカスミカメらしいです。「原色日本カメムシ図鑑第3巻」によると、西日本に広く分布し、年2回発生。幼虫はシダのイシカグマ、ヒノキ科のイブキビャクシン、マツ科のリュウキュウマツで見つかるとのことで、バラバラですね。まだよく分かっていないようです。

イメージ 2

小さなクモが追いかけっこしていました。ネコハグモです。

イメージ 3

こちらが♀みたいです。

イメージ 4

そして追いかけていたのが♂。

この日はクモがいろいろといました。

イメージ 5

腹側が黒いようなので、サツマノミダマシではなくて、ワキグロサツマノミダマシのようです。これも♂。

イメージ 6

アオオビハエトリがアリを捕まえていました。アリの方は腹柄節が2節ありそうですね。何でしょう。

イメージ 7

イメージ 8

クヌギカメムシの仲間がいました。これには3種あるので、種までは分かりません。

イメージ 9

ちょっと大型のトビケラです。「学研生物図鑑 昆虫III」で調べてみると、ツマグロトビケラのようです。初めてみました。実は、後翅が綺麗だったのですね。捕まえればよかった〜。

イメージ 10

それにいつものホシウスバカゲロウです。

まだまだいるのですが、長くなるので次回に回します。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事