廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第727弾

最近、いろいろと忙しく、名前調べがまた滞り始めました。3日前の「廊下のむし探検」の結果です。この日も虫がそこそこいたのですが、名前調べはどれも難しかったです。

イメージ 1

初め、またハチかなと思って、コマユバチあたりの見当をつけて翅脈を見ていました。でも、ひょっとして、また雄アリかもと思い、過去の写真と比較してみました。

イメージ 2

右は以前トビイロケアリとした雄アリです。頭の先端と後脚の基部で大きさを合わせています。両者を比較すると、外観はかなりよく似ていますが、触角が全然違います。トビイロケアリでは普通のアリらしく柄節が長いのですが、今回の個体はかなり短いです。また、翅の長さもトビイロケアリの方がだいぶ長い感じです。一方、触角は今回の方がだいぶ長いです。これを見比べ、やはり今回のはハチだなと思いましたが、一応、別の雄アリとも比較してみました。

イメージ 3

右は、この間、オオハリアリ属♂かなと思っていた個体です。同じように頭の先端と後脚の基部で大きさを合わせました。右はアリにもかかわらず、触角柄節がたいへん短いです。というよりか、右と左の個体はそっくりですね。やはり、今回の個体はハチではなくて、アリだったのです。アリとハチは触角が違うと思っていたのですが、この仲間ではほとんど区別がつきません。写真で見分けるのはなかなか大変です。(追記2018/02/06:ハリアリ亜科ホンハリアリ属のケブカハリアリ♂のようです。詳細はこちらをご覧ください

イメージ 5

こんなアリもいました。腹柄節が2節あるので、フタフシアリの仲間かなと思いました。翅脈を見ると、以前の分類で、IIIc、あるいは、IIIbだと思われます。論文によると、フタフシアリ亜科はこの翅脈になることが多いというのでやはりそうなのかもしれません。

イメージ 4

こちらは雌有翅アリでしょうが、よくは分かりません。

イメージ 6

これはトゲナシケバエ科の♂ですね。捕まえようと思って毒瓶を近づけた途端に逃げてしまいました。ケバエの仲間は何となく動作が鈍い感じがしたのですが、予想外に素早い動きでした。で、名前はよく分かりません。昨年の記事を見ていると、今頃出てきていたのは Plecia membranifera という種でした。これかもしれません。(追記2015/09/30:以前の記事を参照して下さい。2014/08/272015/08/23

イメージ 7

クモの巣に引っかかっているケバエもいました。たぶん、ヒメセアカケバエですね。どうやらもう死んでいるようです。

イメージ 8

小さな虫がちょこちょこ動き回っているので撮ってみたら、こんなガガンボみたいな虫でした。

イメージ 9

コマダラウスバカゲロウがまたいました。それにしても複雑な模様ですね。

イメージ 10

後はヒメホシカメムシと、

イメージ 11

ツヤアオカメムシでした。

イメージ 12

甲虫ではアオバアリガタハネカクシがいました。いつまでもいますね。

イメージ 13

ジョロウグモがだんだん大きくなっていく感じです。この辺が私の恐怖心の限界かな。

イメージ 14

イメージ 15

こんなクモもいました。「日本のクモ」を何度も見たのですが、該当する種が見つかりません。さて、何でしょう。(追記2015/10/01:フッカーSさんから、「最後の画像は、ナガコガネグモのオスだと思います。図鑑は個体変異のバリエーションや全ての齢まで掲載されていない場合が多いので、標準的な成体以外は普通種でも判断が難しかったりしますね。数をこなしてくると、静止状態の姿勢などで何となく科が分かってくるかもしれません(コガネグモ科は隠れ帯の関係なのか、脚が前に2本うしろに2本の位置でX字状になるものが多い気がします)。」というコメントをいただきました。いつもいつも教えていただき、有難うございました

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

最後の画像は、ナガコガネグモのオスだと思います。図鑑は個体変異のバリエーションや全ての齢まで掲載されていない場合が多いので、標準的な成体以外は普通種でも判断が難しかったりしますね。数をこなしてくると、静止状態の姿勢などで何となく科が分かってくるかもしれません(コガネグモ科は隠れ帯の関係なのか、脚が前に2本うしろに2本の位置でX字状になるものが多い気がします)。 削除

2015/9/30(水) 午前 4:43 [ フッカーS ] 返信する

顔アイコン

フッカーSさん、いつもいつも困ったときに助けていただいて、どうも有難うございました。

これがナガコガネグモの雄だとは思いもよりませんでした。メスは野外ではよく見かけるのですが、かなり様子が違いますね。画像検索をしてみると、確かに似た写真が出てきました。クモは雄、雌で違うし、幼体はまた違うし、さらに、採集して触肢や外雌器を見る気にもなれないし・・・と本当にお手上げ状態です。確かに静止姿勢には特徴があるので、それから科を推定できるようになれるとよいですね。

2015/9/30(水) 午前 8:11 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事