廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第729弾

一昨日の「廊下のむし探検」の結果です。

イメージ 1

相変わらず蛾はいろいろといますね。今日はこの蛾からです。アトテンクルマコヤガとアトキスジクルマコヤガという似た種がいて、後翅の横脈点が微小な1暗色点だとアトテン、微小な「く」字状の黄色条だとアトキスジです。。これは黒い点が見えるので、前者のアトテンクルマコヤガだと思われます。

イメージ 2

後はいつも見ている種です。ツマトビコヤガ

イメージ 3

シロシタヨトウ

イメージ 4

ニセミカドアツバ

イメージ 5

モクメクチバは前翅を開いていました。おかげで後翅が少しだけ見えました。

イメージ 6

カバスジヤガの仲間ですが、カバスジヤガ、オオカバスジヤガ、ウスイロカバスジヤガの3種がいて区別がつきません。(追記2015/10/09:ささきさんから、「カバスジヤガの1種はちょっと擦れているので分かりにくいですが、翅の形からカバスジヤガだと思います。オオカバスジだったらもっと翅が長くてデカい感じ。そのため頭がもっと小さく見えます。ウスイロカバスジはもっと華奢な感じですが、それ以前にたぶん関西の低地にはいないと思います。そういう思い込みは危ないんですが・・・。ハマオモトヨトウがいたぐらいですから「何がいるか分からない」つもりでいるべきですが、これはウスイロじゃないと思いますね。」というコメントをいただきました。いつも見ていただいてどうも有難うございました

イメージ 7

クロシタシャチホコ


イメージ 8

ヨツボシホソバ

イメージ 9

これはカギシロスジアオシャクですね。やはりアオシャクは綺麗ですね。

イメージ 10

外横線がはっきりしていて鋸歯状なのでウスキヒメシャクだと思いますが、よくは分かりません。どうもヒメシャクは苦手ですね。その割にたくさんいるので困ります。

イメージ 11

最後はチャハマキ。この日は小さな蛾はいなかったですね。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

カバスジヤガの1種はちょっと擦れているので分かりにくいですが、翅の形からカバスジヤガだと思います。オオカバスジだったらもっと翅が長くてデカい感じ。そのため頭がもっと小さく見えます。ウスイロカバスジはもっと華奢な感じですが、それ以前にたぶん関西の低地にはいないと思います。そういう思い込みは危ないんですが・・・。ハマオモトヨトウがいたぐらいですから「何がいるか分からない」つもりでいるべきですが、これはウスイロじゃないと思いますね。 削除

2015/10/2(金) 午前 7:03 [ ささき ] 返信する

顔アイコン

ささきさん、こんにちは

カバスジヤガ類は私にとって難関の一つで、こんな擦れた個体だとほとんどお手上げかなと思っていたのですが、さすがですね。翅の大きさが違うので見た感じが違うのですね。一度、手元の標本も見てみます。重要な情報、どうも有難うございました。

2015/10/2(金) 午後 4:20 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事