廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第736弾

ヤドリバエの写真を撮っていたら、「廊下のむし探検」の名前調べが滞ってしまいました。3日前の結果です。

イメージ 1

最初、地下駐車場の天井に止まっていたのですが、近づいたら飛び始めました。ひらひら飛ぶ姿から、初め、ヒョウモンチョウの仲間かなと思ってしまいました。ひとしきり飛び回ってから、車のボディーに止まりました。いかにも飛び出しそうだったので、ちょっと遠くから撮りました。キマダラオオナミシャクという名前のようです。私は初めてだったのですが、全国的に普通種だそうです。ネットの画像検索をしても、こういういかにも飛び出しそうな格好の写真が多かったです。やはりよく飛ぶのでしょうね。たまに、ノコメエダシャクのような止まり方をしている写真があったので、こちらが静止型でしょうね。

イメージ 2

これも地下駐車場の天井に止まっていました。クロズウスキエダシャクです。

イメージ 3

それからいつものギンバネヒメシャクです。この他にもヒメシャクはいたのですが、この日はパスです。

イメージ 4

初め、ヤマガタアツバかなと思ったのですが、外横腺の曲がり方から、シラクモアツバの方かなと思いました。

イメージ 5

これはたぶん、イラクサギンウワバ

イメージ 6

これはナカアオフトメイガかな。似た種があって迷ってしまいます。

イメージ 7

マメノメイガも地下駐車場にいました。地下駐車場は相当に暗いので、フラッシュをたかないととても撮れないのですが、撮るとこんな感じになってしまいます。本当は、この白い部分は光が後ろから当たると白く光って大変綺麗なんですけど・・・。

イメージ 8

これはフラッシュなしで、手持ちで撮ったものです。やはりこちらの方が綺麗ですね。

イメージ 9

たぶん、オオクチキムシだと思うのですが、「原色日本甲虫図鑑III」の説明を読むと、触角第4節の方が第3節より明らかに長いとあります。この写真で測ってみると、わずかに長い程度でした。ちょっともやもや感が残りました。

イメージ 10

イメージ 11

これはアシナガグモの仲間かな。図鑑を見ても同じような種が載っていません。(追記2015/10/09:フッカーSさんから、「最下段のクモは、ジョロウグモ Nephila clavata のオスですね。」というコメントをいただきました。フッカーSさんのコメントにはいつも驚かされます。これがジョロウグモの雄だなんて・・・)

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

最下段のクモは、ジョロウグモ Nephila clavata のオスですね。 削除

2015/10/9(金) 午前 4:18 [ フッカーS ] 返信する

顔アイコン

フッカーSさんのコメントにはいつも驚かされます。これがジョロウグモの雄だなんて・・・。図鑑の写真と比べると、確かに脚の黄色い模様の位置が雌と一致しているようです。クモは雄、雌、幼体の姿が全く違うので、外見からだと分かりにくいですね。でも、いい勉強になりました。

2015/10/9(金) 午前 6:26 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事