廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第756弾

今日の「廊下のむし探検」の結果です。今日は珍しいものに出会えました。と言っても、毎年見ているのですが・・・。

イメージ 1

イメージ 2

ツチハンミョウです。この日は2匹いました。一匹は廊下の壁、もう一匹は外壁を登っていました。触角に瘤がついているので両方とも♂です。ツチハンミョウにも何種かいて、発生時期と分布を考えると、ヒメツチハンミョウとキュウシュウツチハンミョウの2種が考えられます。

イメージ 3

これについては以前、触角で比較をしました。「原色日本甲虫図鑑III」によると、ヒメツチハンミョウの♂については、触角第1節が先端部を除けば最も長く、第2〜4節の和とほぼ等しく、第3節は第2節の約1.5倍。また、第4節は長さより幅が広く、第7節は倒心臓形で先端はやや突出。第8〜10節は糸状で、第11節は第10節の1.5倍以上という記述があります。これとほぼ合っているので、ヒメツチハンミョウの方だと思います。

この虫についてはファーブル昆虫記にも載っていて、いろいろと面白い生活をしているのですが、これについても以前書きました。記録を見ると、初見日は2012年11月14日、2013年10月29日、2014年10月28日だったので、3年前を除くと本当にピタリと言っていいほど同じ日です。ちなみに終見日は2013年は12月29日、2014年は12月9日でした。これから1−2ヶ月の間ずっと見られますね。ちょっと楽しみです。

イメージ 4

その他の甲虫です。ウリハムシがいました。

イメージ 5

こちらはヤサイゾウムシ。ちょっと横から見てみました。

イメージ 6

象みたいには鼻が長くないですね。

イメージ 8

これはたぶん、いつものネコハグモですね。

イメージ 7

他にもいろいろと虫はいたのですが、インパクトのあったものだけ。アシダカグモにまた会いました。今度はマンションの外壁です。これは♂みたいです。いよいよ住み着いてしまったのでしょうか。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事