廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第765弾

一昨日の「廊下のむし探検」の続きです。この日はカメムシがたくさんいたのですが、今回はその他の虫についてです。

イメージ 1

ちょっとグロテスクな蛾、チャエダシャクがいました。でも、これは毎年秋になると現れる秋の使いですね。一昨年は11月26日、昨年は11月11日が初見日だったので、今年はかなり早い感じです。

イメージ 2

ウスキツバメエダシャクもいました。一応、顔を覗いてみましたが、間違いなさそうです。

イメージ 3

それに、イラクサギンウワバかな。

イメージ 4

それにこれはクロモンキノメイガ

イメージ 5

これはヒルガオトリバだと思います。いつ見ても格好がいいですね。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

その他ではナミテントウがいました。3匹だけ撮ったのですが、もっともっといました。

イメージ 9

これは以前も見たことがあるのですが、オオコクヌストだと思います。

イメージ 10

それにヤサイゾウムシ

イメージ 11

ヒメクダマキモドキ
がまたいました。今日の個体はカメラを嫌がらなかったので、ちょっと顔を大写ししてみました。

イメージ 12

こんな感じです。

イメージ 13

ハラビロカマキリもいました。廊下の手すりに止まっていたのですが、フラッシュをたくと背景からの光が来ないのでいつもこんな夜のような写真になってしまいます。

今日はヒラタアブの勉強にと思って、"Key to the Insects of Russian Far East" Vol. 6 Part 1(ここからダウンロードできます)を見てみました。ここには昨日調べたSyrphus属の検索表が載っているのですが、残念ながらロシア語です。ロシア語は学生時分に独学で勉強したことがあったのですが、久々で文法をすっかり忘れてしまっていました。単語だけ調べて検索表を訳してみたのですが、途中で挫折です。専門語が辞書に載っていなくて・・・。なかなか大変ですね。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

極東ロシア産昆虫の検索表の6巻ですか。
はなあぶ誌に掲載されてたのは、第4巻のものでしたから、より新しい情報もありそうですね。
問題はロシア語ですが… 削除

2015/11/9(月) 午後 11:59 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

ロシア語はなかなか手強いです。昔の岩波の辞書しかないので、電子辞書が欲しくなりました。

2015/11/10(火) 午後 2:02 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事