廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第772弾

一昨日の「廊下のむし探検」です。この日、クサギカメムシは多かったのですが、それにも増してテントウムシがいっぱい出ていました。

イメージ 1

だいたいはこんなテントウなのですが、模様の違うテントウもいました。

イメージ 2

イメージ 3

こんな模様とか。これ全部ナミテントウなのでしょうね。

イメージ 4

イメージ 5

ツチバチがいました。こういうハチを見ると、いつもヒメハラナガツチバチと言っているのですが、一度、検索をしてみようと思ってやってみました。ツチバチ科については寺山守氏の検索表がこちらで見られます。これを使わせていただき、検索してみると、無事、ヒメハラナガツチバチになりました。ポイントのところだけ抜き出すと、

イメージ 6

このようになります。まず、触角が短く12節であることは写真から分かります。また、腹部も6節見えます。それで雌であることが分かります。次の2は重要な項目なのですが、腹部背板後縁の模様が毛だけでできているか、黄色の帯があるかですが、この写真の個体は毛だけでできているので3に進みます。さらに、毛の列が同一の色からできているので4に進み、中胸背板の毛が少なく、翅の先端近くに暗色部があることでヒメハラナガツチバチになりました。こうやって確かめてみると、ちょっと安心しますね。

イメージ 7

この日もヒメツチハンミョウはたくさんいました。4♀2♂でした。今年は何か多い感じです。

イメージ 8

後は例のホタルトビケラ属です。この間、検索表で調べたので、これも安心してトビイロトビケラと言えます。

イメージ 9

イメージ 10

カネタタキは2匹、

イメージ 11

それにヒメクダマキモドキ1匹がいました。

イメージ 12

蛾ではいつものチャエダシャクがいました。

イメージ 13

これは昨年教えていただいたオビキリガの仲間ですね。環状紋はよく見えないのですが、内横線は波打っていて、幅の広い翅形からカシワオビキリガではないかと思います。

イメージ 14

これは小さな蛾です。クロモンホソコヤガだと思います。クロモンは翅端近くの黒い紋を指していると思います。「標準図鑑」によると、5-7月、9-10月発生で、伊豆半島以西に生息するそうです。こういう小さな蛾を調べるときにいつも思うのですが、小さいからと言って図鑑の写真まで小さくすることはないですよね。模様が比較できなくて困ってしまいます。

イメージ 15

後はエゾギクトリバです。

イメージ 16

イメージ 17

アシナガグモの仲間なのですが、相変わらず名前はよく分かりません。

イメージ 18

最後は気持ち悪い写真です。マンションの外側の溝にいました。たぶん、コウガイビルというのでしょうね。こんなのを採集しなければならないとなったらどうしよう。(追記:通りすがりさんから、「口は長い体の真ん中辺りにあります。ウスカワマイマイに絡み付く様にして消化液を出してドロドロにしてましたよ。」というコメントをいただきました。ちょっと気味の悪い光景ですね

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

コウガイビルの食事を見付けて、口があんなところにあると知ったあの日…(笑) 削除

2015/11/17(火) 午後 9:34 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

えっ、口はどこにあるのですか?

2015/11/17(火) 午後 9:41 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

口は長い体の真ん中辺りにあります。
ウスカワマイマイに絡み付く様にして消化液を出してドロドロにしてましたよ。 削除

2015/11/18(水) 午後 10:56 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

体の中ほどにあるのですか。それにしてもものすごい光景をご覧になりましたね。ちょっと見てみたいような、見たくないような・・・。

2015/11/19(木) 午後 8:25 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事