廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第778弾

昨日の「廊下のむし探検」の結果です。といっても、毎日同じ種ばかり出てきて、あまり新鮮味はないのですが・・・。

イメージ 1

変わったところではこんなヒメハマキがいました。「大図鑑」を見ながら、模様が同じ種を探していたら、ハスオビヒメハマキかなと思いました。ただ、分布を見ると、屋久島、対馬。違うのかなと思って、「標準図鑑」を見たら、本州、四国、九州、・・・になっていました。あちこちいることが分かったのでしょうね。寄主植物はコバンモチ、タブノキ、ヤブニッケイ、シバニッケイみたいです。ヤブニッケイなどはこの辺にもありますね。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

後はいつもの蛾です。上から、ナカオビアキナミシャクフトジマナミシャクニトベエダシャクチャエダシャク

イメージ 6

それに、クロモンキノメイガでした。

イメージ 7

ヒメツチハンミョウはこの日は3♀1♂。相変わらず、いますね。

イメージ 8

ゴミムシはいつものツヤヒラタゴミムシの仲間でしょうね。

イメージ 9

アメリカミズアブがまたいました。格好は良いのですが、飛び回るとちょっと気持ち悪くなる大きさですね。

イメージ 10

カメムシはいつもの種ばかりなので省略です。クサカゲロウもスズキだけでした。それで、最後はこのチャスジハエトリだけを出しておきます。秋も深まって、虫の種が減ってきた感じですね。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事