廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第779弾

今日は空には黒い雲、冷たい風が吹いて如何にも虫はいなそう。でも、一応、歩いてみるかなと思って歩いてみました。やはり虫はほとんどいません。

イメージ 1

今日はクロスジフユエダシャクがいたのですが、カメラを持って近づいたらいきなり飛び始めてしまいました。残念ながら写真はありません。でも、今日が初見日になります。この3年間の初見日が12月8日、12月4日、11月22日だったので、今年も昨年並みというところですね。ところで、上の写真はナカオビアキナミシャクです。これの初見日は12月7日、11月24日、11月22日、それに今年が11月21日。ほぼ同じ時期に出ているみたいです。

イメージ 2

これはたぶん、イラクサギンウワバ

イメージ 3

ワモンノメイガ

イメージ 4

それに、いつもダイズサヤムシガとしている蛾です。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

虫が少ないので、ナミテントウも写してみました。変化があって意外に面白いですね。

イメージ 8

これも名前の分からないオチバカニグモの仲間です。

イメージ 9

それにチュウガタシロカネグモ

いよいよ冬ですね。最近は時間を見つけては、マンションの廊下と家の近所で写した虫を集めた図鑑を作っています。

イメージ 10

こんな感じです。図鑑というほどには網羅的ではないので、「気まぐれ写真図鑑」という名前にしました。これまでに、チョウ、トンボ、ハチ、アミメカゲロウ、バッタなどを入れた「里山の昆虫たち I」ができて、今はカメムシ、ハエを集めた第2巻を作っている最中です。それぞれ名前の分からないものも含めて約300種ずつ入っています。ついでに、ちょっとした逸話や同定の方法などもコラムとして入れているのですが、だいたい1冊が100ページくらいになります。今はとりあえずインクジェットプリンターでA4用紙に冊子体として印刷し、中綴じで手作り製本していますが、自分用の図鑑としては結構よいかなと思っています。それにしても、ブログにただ出していくのではなくて、図鑑としてまとめるという作業は勉強になりますね。いろいろと新発見がありました。これから甲虫から蛾まで作ると、全部で8巻くらいになりそうなのですが、ぼちぼち作っていきたいなと思っています。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんばんは、
「なんでマンションの廊下で、こんなにたくさんの種類の虫が見つかるの」って思いながら、毎回楽しく見てます。後、同定方法の記事が分かり易いので参考にしたいのですが、そこまで気力が回りません(^^;。写真図鑑は、なかなか格好良いですね。羨ましいけれども、自分で作るだけのゆとりが無いか。 削除

2015/11/25(水) 午後 9:09 [ そら ] 返信する

顔アイコン

こんにちは、そらさん。私もそらさんのブログをときどき拝見させていただいていますよ。写真が綺麗で、微細なところまで見えてよいですね。

それにしてもどうしてこんなに虫がいるのでしょうね。マンションが山の中腹に建っているからでしょうね。

図鑑、表紙はなかなか格好がよいでしょう。でも、インクジェットプリンターで普通紙に印刷しているので、印刷すると色は今一歩です。オンデマンド印刷にでも出そうかなと思ったのですが、1冊当たりが高くなるので、今のところはこれで我慢です。今後ともよろしくお願いします。

2015/11/25(水) 午後 9:37 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事