廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第786弾

一昨日の「廊下のむし探検」の結果の続きです。このところ、どうしてかチャタテをよく見ますね。小さくてどうせ名前は分からないだろうと思っていたら、MSWiさんにいろいろ教えていただきました。

イメージ 1

最初はこのチャタテです。ホソチャタテ科のヨツモンホソチャタテだと教えていただいたものです。小さいのですが、ネットで調べてみると、皆さん綺麗に撮っておられますね。おまけに産卵のシーンや、その卵を糸を絡めている姿まで。つくづく感心しました。

イメージ 2

これも小さなチャタテですが、翅に四角い模様があります。これも名前調べを諦めていたら、MSWiさんからウスイロチャタテ科のEctopsocus briggsiに似ていると教えていただきました。吉澤氏のchecklistを見ると、Ectopsocus属には8種、そのうち本州には5種いるようです。ネットで探してもなかなか画像が出てこないのですが、E. briggsiのほか、E. meridionalisなども翅に四角の模様があるみたいなので、今のところEctopsocus sp.というところでしょうか。

イメージ 3

このほか、ちょっと大きなチャタテもいました。クロミャクチャタテです。この日は2匹いました。今頃、どうしてチャタテが多いのでしょうか。

イメージ 4

先日見たシマバエ科のもう一種の未記載種がいました。Steganopsis sp. 1の方です。カスミカメみたいな格好ですが、これもハエです。

イメージ 5

これはクロバネキノコバエ科かなぁ。

イメージ 6

これはキノコバエ科でしょうね。

イメージ 7

キモグリバエの仲間は今、マンションに山ほどいます。ナミテントウも山ほどいますが・・・。

イメージ 8

イメージ 9

こんなハエが外壁にここかしこと止まっているのですが、採集しなかったのでよく分かりません。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事