廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第815弾

一昨日、マンションの改修工事の説明会がありました。マンションの周りに足場を組むのが3月1日からとのこと。2月中は虫をほとんど見ないので、3年4ヶ月続いた「廊下のむし探検」もいよいよ店じまいになります。皆さんに助けられながら、やっとこさっとこ進めてきた「廊下のむし探検」だったのですが、いざ店じまいとなるとちょっぴり寂しくなります。これからは外に出て見つけた虫を調べたり、今までブログに出してきた写真を自分用の図鑑にまとめたりしようかなと思っています(追記:チャタテムシの項を見本としてHPに載せました)。そう思って、この2、3日、これまでブログに出してきた写真をすぐに探せるようにEXCELファイルに入力して、画像リストの更新を行いました。この3年ちょっとで1759種類、写真にして、実に10000枚になります。本当によく見たものです。

そう思っても、廊下を歩かないと何となく落ち着かないので、今日も午後から歩いてみました。案の定、虫はハエばかり。

イメージ 1

数ミリほどの小さなハエですが、頭や触角の形を見ると、オドリバエ科みたいです。

イメージ 2

眼の綺麗なハエがいました。翅脈を見ると、たぶん、イエバエ科ですね。ネットで見ると、○○ハナレメイエバエというのに似ています。早くイエバエの検索をしてみたいですね。今週は用事で国立国会図書館に行くので、ついでに閲覧してこようかな。ついでにこれまで読めなかったヒメカゲロウやカワゲラの博士論文も見てこようと思っているですが、こんなにたくさんのコピーはできないので、ぱらぱら見るだけでしょうね。

追記2016/02/10:作ったばかりの画像リストを見ると、このハエ、以前MSWiさんからPygophora属だと教えていただいたものとよく似ています。「日本昆虫目録」に載っているPygophora属で本州にいそうなのは、シリモチとリュウキュウシリボソの2種です。だいぶ、種に近づきました。

さらに、ハナレメイエバエ亜科の属の検索表が「一寸のハエにも五分の大和魂・改」に載っていました。Pygophoraであれば、検索表の1→3→4と進んでいくはずです。1の「下前側板剛毛基部を結ぶ逆三角形」は横から撮っていないので残念ながら分かりません。次の3の「頭部の前額眼縁板の上方にある後向きの額眼縁剛毛は2対」は写真からでも判断できます。つまり、内向きの剛毛と内頭頂剛毛の間に2対の後ろ向き剛毛があります。さらに、4の第1項目の「中脛節は中ほどに2本の後背剛毛をもつ」は上の写真からすぐに分かります。第2項目の「単眼三角板は小型で,その前端は触角基部より遥か前方で終わり,前額帯の前縁には達しない」も単眼を含む三角板が短いのでその通りです。さらに「多くの種では雄の第5腹節背板の後縁は中央部で強く突出する」と書かれたカッコ書きの部分は上の写真で腹部の後ろ側に突き出しているものを指しているのかもしれません。ということで、途中からなのですが、雰囲気的にはPygophora属でよいみたいです。すると、シリモチとリュウキュウシリボソのどちらか。ここでストップです。上の写真は尻もちをついていますが、これは関係ないですね。MSWiさんが以前、「リュウキュウシリボソ・・・かもしれません」と言われたのがまさに当たっていたみたいです。さすがですね


ところでこのハエ、フラッシュをたいたら、びっくりしたみたいに腰が引けた写真が撮れました。

イメージ 3

フラッシュ2発目はちょっと慣れた感じで、腰の引け具合が弱まりました。

イメージ 4

そして、3発目ではもう大丈夫そうです。3回ぐらいで慣れるのですね。

イメージ 5

最後は数ミリ程度の小型のガガンボがいました。ひょっとしてと思って、写真を拡大してみると、ぐにゃっと曲がったA1脈が見えます。この間から、シリアゲムシと比較するために翅基部の写真を撮ろうと思っていたガガンボダマシです。シメたと思って写真をもう一枚撮ってから捕まえようと思っていたら、ふわっと逃げてしまいました。どこかに止まっているだろうと思ってだいぶ探したのですが、結局、いませんでした。残念、残念。

閉じる コメント(2)

ええーー!!
私も 残念です ・・・
(。•́ωก̀。)…グス

図鑑の完成を楽しみにしています。あっ!廊下のむしさん ?名前はそのままですか?(﹡ˆᴗˆ﹡)

ハエも 腰を抜かすんですね(笑)

2016/2/9(火) 午後 9:42 [ toko ]

顔アイコン

こんなマニアックなブログを長い間見ていただき本当に有難うございました。「なにこれ・・・」というブログを立ち上げたのですが、「廊下・・・」と内容で分けるのが面倒でそのままになっています。外で捕まえた虫もこのまま「廊下のむし探検」にときどき出していこうかなと思っています。

図鑑は蛾と甲虫を除いてだいたい出来てきました。ついでだから、検索に必要な事柄も書き込んでいこうかなと思っていったらページが増えてきました。今、300ページほどになっているので、全部で1000ページくらいになるかも。まぁ、写真が主なのでそれほど内容はないのですけど・・・。

腰を抜かしたハエ・・・。何となく愛嬌があっていいですね。

2016/2/10(水) 午前 6:00 [ 廊下のむし ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事