廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第821弾

マンションの改修工事で、家の周りに足場が組まれました。工事の人がベランダや窓のところを行き来されるので日中はカーテンが閉めっきり状態になりました。お陰で家の中は真っ暗。まるで年中夜みたいです。

虫を観察に外にはときどき行ってみるのですが、なかなか虫は見つかりません。見つかっても同じ場所には同じ種類ばかりいて・・・。今更ながらマンションの廊下というのが如何に虫探しに適していたか実感しました。2月いっぱいで「廊下のむし探検」は終わったのですが、まだマンションの一部に足場が組まれただけで、幌は掛けられてはいません。それで、一昨日、ちょこっと廊下を歩いてみました。

イメージ 1

こんな虫がいました。見覚えがありますね。たしかマルトゲムシ科の外来種でした。調べてみると、以前、通りすがりさんから教えていただいていました。Microchaetes属の一種で、各地で見つかっているのですが、オーストラリアからの移入種だという以外には情報がないみたいです。

イメージ 2

イメージ 3

今頃になるとムラサキナガカメムシが廊下をうろうろしています。

イメージ 4

もちろんクサギカメムシも。何だか春を感じますね。カメムシを見て春を感じるのはちょっと変かな。

イメージ 5

クサカゲロウもいました。いつものスズキかなと思ったのですが、

イメージ 6

顔をアップすると、どうやらカオマダラクサカゲロウのようです。後で気が付きました。もう少し良く見ておけばよかった・・・。

イメージ 7

ユスリカの♂ですね。今年はユスリカの検索にチャレンジしたいと思っているのですけど・・・。

イメージ 8

久々のフユシャクです。ホソウスバフユシャク。例年2月の終わり頃から出ています。今年の2月終わりはバタバタしていてちゃんと探さなかった・・・。

イメージ 9

それからホソバトガリエダシャクです。これは早い時には2月の終わり頃から出ていましたが、だいたいは3月初旬から見ています。

イメージ 10

翌日見てみたら、向きを変えただけでそのままいました。

今年の啓蟄は3月5日。廊下を歩いた日がまさにその日でした。これから虫が続々出てくるはずなのですが、公園や河原を歩いても「廊下のむし探検」で見たほどの充実感や感動がありません。廊下を歩けなくなって逆に廊下に魅せられてしまいました。

2月いっぱいで近くの福祉施設を借りて行っていた写真展が終わりました。私が知り合いに案内を出したせいもあって、結構、いろいろな方が見に来られたようです。施設の方々にも好評だったみたいで、今年の8月にもまたやることになってしまいました。2月は鳥と動物が中心だったので、8月は花と虫にでもしようかなと思っています。

今回初めて写真展をやってみて、いろいろと反省点がありました。7mmのスチロール板(のりパネ)にA3版の写真を貼ったのですが、会場が乾燥していてあっという間に反ってしまいました。それで、裏につけた「ひっつき虫」がほとんど一点だけでくっついている状態になり、ときどき落ちてしまい、係の方にご迷惑をかけることになってしました。一部、2枚組みの写真はA2の両面紙張りのスチロール板にスプレー糊でA3写真を2枚貼ったのですが、こちらは反らなかった代わりにやや重すぎて、「ひっつき虫」では耐えられなかったのか、やはり時々落ちてしまいました。こちらは係の方が裏に紐の輪を貼り付け、天井からぶら下げるような形にしてもらいました。1ヶ月の長丁場なので、この辺りをどうにかしないといけないみたいです。

それから写真と簡単な説明だけだとあっという間に見終わってしまうだろうと思って、最近作った手作り図鑑を6冊ほど並べておいたのですが、これが意外に好評でした。並べていたのは、虫が3冊、鳥と動物1冊、それに、あちこちで撮った鳥の写真集、それと、シダの図鑑です。今年の夏までに残りの手作り図鑑を完成させたいなと思っています。今のところ、写真と名前だけを入れた簡易版はかなりできていて、種類の多い甲虫と蛾などがこれからになります。それとは別に、この簡易版に付け足すような形で、検索方法や各部の拡大写真、虫にまつわる話などを加えた詳細版を作っています(ほとんど私のブログのコピペなのですけど・・・)。こちらもハチ、ハエなどの大票田と甲虫・蛾を除くとだいたい仕上がりました。これもこの夏までに仕上げようかなと思っています。虫の図鑑は簡易版でも全部で600-700ページくらいにはなりそうで、ちょっとした大作になりました。できたらどうしようかな。地域限定で、内容も詳細版はかなりマニアックになるので、あまり欲しいと言われる方もいないだろうし・・・。

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

お早うございます。
ホソバトガリエダシャクもうちに来るのと違って綺麗です絵。
http://ryoi.ldblog.jp/archives/52045391.html

改修工事が本格的に始まるとしばらく虫達には会えませんね。
外ではなかんか虫に会えません→そうなんですよ。
しかもあなたのマンションのように種類も数も豊富な所は非常に稀だと思います。
ところで工事は何ヶ月続きます?
うちのマンションは一昨日の改修工事が6ヶ月ちょっとかかって大変でした。
ほんとに足場を人が通ると集中できませんね。
(ryoi)

2016/3/8(火) 午前 6:35 [ - ] 返信する

顔アイコン

ryoiさん、お早うございます。

ブログ拝見しました。何かほのぼのとした感じがしていいですね。ホソバトガリエダシャクは関東でも今頃なのですね。

そろそろ早春の虫が出てくる頃なのに、マンションの改修工事が始まってしまいました。こちらはこれから5ヶ月続きます。ガリガリドンドンという音の中でカーテンを閉めてじっと潜んでいるのは堪らないですね。外に行ってみたのですが、虫にはなかなか出会えません。もっと一所懸命探さないといけないのでしょうね。マンションの廊下はただ歩くだけだったので楽だったのですが・・・。

これからもよろしくお願いします

2016/3/8(火) 午前 7:16 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

こんばんは、

個人的には「詳細版」に興味がありますが、私にも使いこなせるかが問題かも知れません。図鑑の方も準備が進んでいるようで、凄いのができあがるのかな。pdf版を公開してもらえたら嬉しいです。
私には、詳細を調べるだけの力がないのですが、撮った写真は分別してブログとは別にフォトとして公開しています。こちらは、写真の公開だけなので文章を書く手間もないし、自分で撮影した記録として残してます。

ご近所の「そら」です。

2016/3/8(火) 午後 9:13 [ shi**087 ] 返信する

顔アイコン

そらさん、お早うございます。

図鑑に興味を持っていただいて有り難うございました。図鑑の体裁をとっていても、このブログと同様に怪しい内容なので、一人歩きをされると困るなと思って公開していませんでした。夏までにはだいたい完成させるつもりなので、出来上がったら、とりあえず個人的にダウンロードできるようにはしたいなとは思っています。でも、大した内容ではないですよ。もともと自分用に作っているので・・・。

そらさんの最近のブログを拝見させていただきました。面白そうな虫が次々にでてきていますね。どうやって探しておられるのだろう。私は廊下ばかり見ていたので、外に出てもどこを探してよいやら・・・。今年は、アザミウマ、ユスリカ、トビムシあたりのプレパラートが必要な虫達の検索をしてみようかなと思っています。どうぞよろしくお願いします。

2016/3/9(水) 午前 6:00 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

こんにちは、
この時期だと、私は常緑樹(ヤツデ、柑橘類、ネズミモチ、ツバキなど)の葉の裏がメインになります。廊下の虫の状況を考えると、近くにきっと良い場所があるのだと思います。私の場合は、近くの雑木林と周辺の散策ですかね。
廊下のむしさんは、実物の虫を知っているので慣れれば直ぐにたくさんの虫と出会えるようになると思います。

そら

2016/3/9(水) 午後 0:46 [ shi**087 ] 返信する

顔アイコン

常緑樹の葉裏ですか。私は木の幹と枯れ葉の下ばかり探していたので、アリとトビムシばかりを見つけていました。今度、探してみます。そらさん、どうも有難うございました。

2016/3/9(水) 午後 9:56 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事