廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

家の近くのむし探検 第8弾

今日は暖かかったので、午後から近くの公園に行ってみました。パッと見て何もいなかったのですが、今日は木の幹を丹念に何度も見て回りました。すると結構虫が見つかりました。やはりじっくりと探すことですね。

イメージ 1

最初に見つかったのはこのヨコヅナサシガメの幼虫でした。これを見つけてから、幹を丹念に見ていったら、別のカメムシも見つかりました。

イメージ 2

イメージ 3

格好からカスミカメムシだということはすぐに分かります。「日本原色カメムシ図鑑第2巻」を見ると、小盾板の模様などから、セスジクロツヤカスミカメに似ていることが分かりました。ただ、この種は九州と南西諸島にだけ生息している種のようです。ネットで探してみると、ケヤキ、カワヤナギなど他にも似た種が載っていました。小盾板の模様だけで判断すると、どれともちょっと違うような感じがしますが・・・。(追記2016/03/23:おちゃたてむしさんから、「『ツヤカスミカメの未知種』なんだそうです。そよかぜさんのブログで紹介されていました。」というコメントをいただきました。早速紹介されていたブログを見ると、確かに小盾板の白い模様はよく似ています。このツヤカスミカメは2005年に岡山大で行われた日本昆虫学会で、中谷至伸(農環研)氏が「淀川河川敷で発見されたツヤカスミカメの未知種」と題して発表されたものようで、最近関西で発見例が相次いでいるそうです。おちゃたてむしさん、貴重な情報をどうも有難うございました)(追記2018/01/24:正しくは次の通りです。

中谷至伸、「淀川河川敷で発見されたツヤカスミカメ属の未知種(半翅目:カスミカメムシ科)」、日本昆虫学会第65回大会 (2005)


イメージ 4

小さな虫が幹を動いていたので撮ろうとしたのですが、なかなかピントが合いません。やっと合った一枚がこれでした。チャタテの幼虫かな。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

アリは何種かいました。採集しないと名前は分からないので、今度は採集してこようかな。

イメージ 8

これはヒメバチかな。

イメージ 9

小さなハエのちょっと前にさらに小さなダニがいました。

イメージ 10

ひょっと捕まえました。

イメージ 11

捕まえたまま動きました。そして、そのまま飛んでいきました。体液でも吸うのだろうか。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんばんは。いつも拝見しています。
2・3枚目のカスミカメは私も何度か撮影して気になっていたのですが、「ツヤカスミカメの未知種」なんだそうです。そよかぜさんのブログで紹介されていました。
http://soyokaze2jp.blogspot.jp/2014/12/blog-post_28.html

2016/3/22(火) 午後 9:40 [ おちゃたてむし ] 返信する

顔アイコン

おちゃたてむしさん、お早うございます。貴重な情報を有難うございました。確かに似ていますね。未知種なのですね。2005年だともう名前があって良さそうなのに・・・。それにしても、そよかぜさんは綺麗に撮影されておられますね。おちゃたてむしさんのブログも時々拝見させていただいています。あまりにすごい写真ばかりでいつも驚嘆しています。今後ともよろしくお願い致します。

2016/3/23(水) 午前 5:19 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事