廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

先日、家の近くの公園にある木の幹を調べていたら、こんなアリを見つけました。小さなアリはパッと見てもほとんど違いが分からないので、2匹ほど捕まえて家で調べてみました。まだ、ちょっと怪しさがあるのですが、とりあえず忘れないうちに出しておこうと思います。

イメージ 1

まず、こんな形のアリです。腹が黒くて先端が尖っているのが特徴でした。

イメージ 2

これは真上から見たところです。体長は3.1mm。アリは腹部と後胸が融合して前伸腹節というのをつくっていますが、それと見かけの腹部を結ぶ部分が腹柄節です。このアリの場合、腹柄節は2節あります。前を腹柄節、後ろを後腹柄節と呼ぶようです。腹柄節の前側が広がって「うちわ」のような恰好をしているのが気になります。

例によって、「日本産アリ類図鑑」に載っている検索表を使って調べてみました。必要な部分だけを抜き出したものが次の表です。

イメージ 3

⑧以降ははっきりしないところがあったので、すべてを書いています。候補は4種いるのですが、この中のハリブトシリアゲアリ、クボミシリアゲアリあたりが最終候補に残り、結局、ハリブトシリアゲアリではないかと思っています。これら検索表の各項目はそのアリの構造的な特徴を調べるのに便利なので、写真と見比べながら見ていきたいと思います。

イメージ 4

捕まえた二匹のうち、一匹はこの写真のように腹部が長く、もう一匹は上の写真のように短かったのですが、そのほかの特徴が同じだったので、同じ種だと思われます。この写真では腹柄節が2節からなること、複眼が顔の大きさに比して小さいこと、それから重要な性質なのですが、後腹柄節が腹部の背側の部分でくっついていることです。この最後の性質だけでシリアゲアリかなと思うことができそうです。

イメージ 5

顔はこんな感じです。全体に皺だらけですね。よく見ると、触角挿入部を1/3ほど覆うように額葉があることがわかります。③の額葉は互いに離れるというのが何を意味しているのか分かりませんでした。

イメージ 6

触角は全部で11節のようです。実は第1節(柄節)のすぐ外側の小さな部分を第2節とすべきかどうかだいぶ悩みました。でも、図鑑の絵などと見比べるとこの図のようでよいのではないかと思いました。先端3節は太くなっています。この部分を棍棒部と呼ぶようです。

イメージ 7

これは胸部と前伸腹節、腹柄節を背側から撮ったものです。中胸背面はほぼ平坦になって左右縁取りがされている感じです。また、前伸腹節気門が刺のすぐ下の部分、背面の端にあります。普通は側面にあるので、この辺は特徴的ですね。腹柄節は普通、丘のように盛り上がるのですが、この種は平らで、さらに幅が広くなっています。

イメージ 8

次は前胸側面に関するものですが、ここは若干の問題があります。検索表では、⑧細い縦じわがあり光沢はない、⑧'前胸側面は滑らかで光沢がある、という2つの選択肢になるのですが、この写真を見る限り、縦じわなどなく、滑らかで少し光沢がありそうです。で、⑧'を選ぶと、前伸腹節刺の形や中胸背板の形などがどうも合わなくなってしまいます。ここで、だいぶ迷っていたのですが、こんな論文を見つけました。

K. Onoyama, "Taxonomic Notes on the Ant Genus Crematogaster in Japan (Hymenoptera : Formicidae)", Entomological Science  1, 227 (1998). (ここからダウンロードできます)

この論文はシリアゲアリ属4種の特徴を書いているのですが、この中で、ハリブトの前胸側面については、だいたいは滑らかで光沢があると書かれています。一方、テラニシについては細かな筋があり無光沢と書かれています。つまり、上の検索表とは違うことになります。ただ、この本の検索表の方が新しいものなので、この論文の内容は当然加味されていると思いますが、たぶん、それほどはっきりした性質ではないのか、個体変異や地理的変異があるのかもしれないなと思いました。とりあえず、次に進みます。

イメージ 9

次は前伸腹節刺を写したものなのですが、少し見にくくなってしまいました。いずれにしても、刺は基部と高さがほぼ等しく、三角形状をしていると思われます。上の検索表では、結局のところ、種の検索にこの刺の形状が使われています。したがって、この形状からだけ見ると、ハリブトシリアゲアリが最有力候補になります。上に紹介した論文にも検索表があり、その中ではクボミとハリブトが競い合うことになります。そこで、中胸背板の両側に隆起線が明確で中央部が凹むのがクボミ、凹まないのがハリブトということになるのですが、このアリの場合はほぼ平面的なので、このことからもハリブトかなと思いました。

イメージ 10

最後はおまけの写真です。「シリアゲ」というのがよくわかるのではと思って出しました。

シリアゲアリというのを今回初めて見ました。最終的な種の同定の部分ではまだ怪しさが残るのですが、今まで見たアリとだいぶ形が違い面白く思いました。この日はそのほかに2種捕まえていたのですが、ルリアリとトビイロシワアリでした。だいぶアリにも慣れてきたかなと思っています。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事