廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

家の近くのむし探検 第11弾

先日、近くの公園でカシノアカカイガラムシという小さな虫を見つけて写真を撮りました。ネットで調べてみると、この小さい虫を実に綺麗に写されている方の多いこと多いこと。私も少し練習をしなけりゃと思い立ちました。接写の道具は買ってはいたのですが、実際に使ったことがなくて、いつも60mmのマクロレンズで等倍の撮影をしていました。

今回はとりあえず、エクステンションリングとリバースレンズの組み合わせを使ってみました。これらは以前、その仕組みを考えたことあったのですが(こちらを見てください)、実際に使うのは今回が初めてです。

イメージ 13

試してみたのはこの5通りです。このとき、用いたカメラとレンズは次の通りです。

カメラ本体: NIKON D7100
60mm F2.8: AF Micro Nikkor 60mm 1:2.8 D
24mm F2.8 reverse: Nikkor 24mm 1:2.8 + Kenko ステップダウンリング58mm→52mm + BR-2A

27.5mmと65mmはともにエクステンションリングで、PK13はNIKON、近摂接圏は中国製のリングです。BR-2Aはレンズを逆に取り付けるためのアタッチメントです。また、上の表の右側に書いてある倍率は次のようにして測りました。(追記2016/04/07:PK13の長さが違っていたので訂正しました

イメージ 1

これはスケールを写したものでトリミングはしていません。NIKON D7100の場合、CMOSセンサーの大きさは23.5x15.6mm^2で、これが6000x4000 pixelに対応するので、これから1 pixelは3.9ミクロンになります。上の写真で、ImageJを用いて長さをピクセル単位で求め、それから倍率を計算しました。この組み合わせでは最大で6.64倍になりました。

こんな下準備をしてから、昨日、公園に行ってみました。まず、公園にあるシラカシの幹をあちこち調べていくと、カシノアカカイガラムシがたくさんいる木を見つけました。

イメージ 2

こんな感じです。白矢印のところに赤い虫がいます。こんなにいるのなら楽勝だなと思っていたのですが、これがそうでもなくて、倍率を上げれば上げるほど虫を探すのが大変になり、また、ピントがまったく合いません。木の横に三脚を立てて、あぁでもないこぅでもないとやっていると、見に来られる人もおられ、こんな小さな虫を撮っているのに驚くやら、呆れるやら・・・。

それでも、少しは慣れてきてちょっとだけ撮れ始めました。シャッター速度は1/250sで固定にして、内蔵フラッシュと例の「影とり」を使ってみました。明るさ的にはこれでなんとかなりました。

イメージ 3

結局、いろいろ試してみるところまではいかなくて、とりあえず撮った写真がこれです。いずれもトリミングしていない生のままの写真です。Aはいつもの等倍の接写レンズ(F11)、次はエクステンションレンズを入れて2倍ちょっとの撮影、それに最後は奇跡的にとれた広角レンズを逆に取り付けたリバースレンズ方式にエクステンションレンズを入れたもので、倍率は6倍ちょっとです。このくらいの倍率になると、画面いっぱいにカイガラムシが写ります。焦点を合わせるというよりは、カメラを動かして合ったと思ったところでリモコンを押して撮ったという感じですね。

イメージ 4

トリミングしてみると、あんまり違いがないですね。対象にあまり特徴がないからかなぁ。

イメージ 5

イメージ 6

とりあえず、6倍で撮ったものを並べてみました。10枚ほど撮って見れるのはこの2枚くらいかな。

イメージ 7

さらにトリミングをしてみました。かなり大きくなりました。

いつもは顕微鏡下で撮っているので、倍率を上げるのはなんてことはないのですが、野外で撮ると、虫が動き回るのであっという間に視野から出てしまい、どこにいったのか探すのが大変でした。やはり相当に慣れないと駄目ですね。これで深度合成までするにはどうしたらよいのだろう。今度はベローズを使ってやってみようかな。

後はついでに見た虫です。

イメージ 8

「日本産幼虫図鑑」を見ると、たぶん、ヤブキリの幼虫かな。

イメージ 9

翅脈を見ると、Sc脈がR1脈に合流しているので、たぶん、ガガンボ科でしょうね。

イメージ 10

それに、トビイロシワアリかな。

イメージ 11

それからアオオビハエトリでした。

イメージ 12

最後にスモモの花を載せておきます。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

私も、チョッとだけ確認してみたことがありますが、倍率を上げると被写界深度が浅くなるので、ある程度の大きさがある場合は倍率を下げてトリミングしても写り(クッキリ感)に大差ない、と言う結論になりました。
倍率が高いと、野外ではファインダー内に納めるのも大変ですよね。ただ、大きく撮りたいという欲求は今もあるので、冬場のコバチを相手にすると高倍率が気になります(^^)。

2016/4/7(木) 午後 9:06 [ shi**087 ] 返信する

顔アイコン


ご近所の(そら)です。

2016/4/7(木) 午後 9:07 [ shi**087 ] 返信する

顔アイコン

そらさん、こんばんは
確かに難しいですね。家で予行演習をしたときはなんとかなるかなと思ったのですが、いざ、屋外にもっていくと視野に虫を入れるだけでも相当大変でした。もたもたしているうちに虫はどこかにいってしまうし・・・。その割にトリミングすると違いがないですね。確かに被写界深度はめちゃめちゃ浅いでしょうね。深度合成ができるとよいのだけど・・・。今日は雨だったので、家で対物レンズを使った10倍の接写も準備しました。明日晴れたらリバースレンズ+ベローズと一緒にやってみようと思っていますが、たぶん、駄目でしょうね。

2016/4/7(木) 午後 9:55 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事