廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

家の近くのむし探検 第24弾

昨日の続きで、家の近くの公園で見た虫です。昨日はコデマリの花に集まる虫を調べていたのですが、公園の中も歩いてみました。そうしたらツツジにこんな変なハエが止まっていました。

イメージ 1

イメージ 2

左側からと右側から撮ったものです。背中を曲げ、頭は丸く、触角はほとんど見えないくらい小さいですね。初め何かなと思ったのですが、覆弁があるのでたぶんハエだなと思って撮ってみました。採集したので、検索をしてみればよいのですが、一応、「変なハエ」というキーワードで画像検索してみました。すると引っ掛かりました。どうやら、コガシラアブ科のセダカコガシラアブの仲間のようです。セダカコガシラアブで検索するといっぱい引っ掛かりました。皆さん見てられるのですね。

「日本昆虫目録(2014)」で調べてみると、コガシラアブ科にはAcrocerinaeとPhilopotinaeという2亜科が日本に分布しているようです。この違いはよく分からないのですが、MNDを見ると、検索表の最初にPhilopotinaeの項目が出てきました。

後前胸背板が強く発達して、盾板の背側を両側から覆う  Philopotinae

となっています。後前胸背板については、「原色昆虫大図鑑III」のハエ目にも図が載っていますが、普段は盾板の前縁の下に隠れている部分です。これが発達しているというのがよくは分かりませんが、MNDに載っている図を参考にしてみると、次の図で示した部分のようです。

イメージ 3

確かに盾板の前側を覆っているように見えます。したがって、Philopotinaeらしいということが分かりました。この亜科には日本産はOligoneura属だけが記録されていて、「日本昆虫目録」には全部で8種載っています。そのうち本州には5種分布しているようです。記載論文を見てみようと思って調べてみると、

E. I. Schlinger, "The Acroceridae of Japan, Part I. Resurrection of the philopotine genus Oligoneura Bigot, with a revision of the Japanese species and descriptions of seven new species", Pages 185-200 in Entomological essays to commemorate the retirement of Professor K. Yasumatsu. Hokurykan Publishing, Tokyo (1971).

という退官記念論文集の中に載っているようです。この本をCiNiiで探すと14大学図書館にはおいてあるようですが、近くの大学にはありません。どうやらまた文献の壁にぶつかったようです。ということで、とりあえずOligoneura属の一種というところまでです。このアブはクモに寄生するので、spider fliesとも言われています。

イメージ 4

ハエ目のついでにこの綺麗なハエも出しておきます。翅脈のM1脈の曲がり方からイエバエかなと思うのですが、採集できませんでした。

イメージ 5

こちらは小さなハエを趣味的に撮っただけなので、科もよく分かりません。

イメージ 6

こんなハエがクモの巣に引っ掛かっていました。翅脈からはクロバネキノコかなと思ったのですが、眼を拡大してみます。

イメージ 7

左右の複眼が中央で接しているように見えます。クロバネキノコでいいのかな。

イメージ 8

後は、この間から見ているセグロカブラハバチ

イメージ 9

そして、これはこの間調べたイヌノフグリハバチかなと思うのですが、自信はありません。(追記2016/10/01:脛節の外側が黒いので、ニホンカブラハバチ♀かもしれません

イメージ 10

それにナミマガリケムシヒキ

イメージ 11

ヒメナガカメムシ

イメージ 12

これはツマグロオオヨコバイあたりのの幼虫でしょうね。

イメージ 13

それにマイマイガの若齢幼虫。

イメージ 14

最後は民家の門柱にいたシラヒゲハエトリでした。

この記事に

閉じる コメント(5)

セダカコガシラアブの仲間は1度だけ見ましたが、直ぐに逃げられてしまい、再会も叶わず…

緑色のハエはクロバエ科のIsomyia属で、確かこの属には3種が居たと記憶してますが、1種は琉球で1種は本土で普通種、もう1種は詳細不明。
まあ、ミドリバエとしておいて問題無いと思います。
初夏にクリやショウマなどの白い花でよく見るハエです。

2016/4/28(木) 午後 5:17 [ 菅井 桃李 ] 返信する

顔アイコン

菅井 桃李さん、コメントありがとうございました。
イエバエ科ではなかったですかぁ。ちょっと失敗でした。ところで、「日本昆虫目録」だと、Isomyiaは2種でオオミドリバエとリュウキュウミドリバエだけになっていました。ともに南西諸島です。抜けているのかな。

2016/4/28(木) 午後 9:17 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

ちょっと調べてみました。文献を調べていくと、1955年に堀氏が本州産のこのハエをStrongyloneura prasinaだと報告したのですが、その後、1964年にIsomyia senomeraが正しいと報告し直しました。1968年に加納氏が検した結果、Isomyia prasinaが正しいということになり、その後、この名前が使われていたはずなのですが、新しいCatalogue of Life(2016)を見ても、Isomyia prasinaという名前は痕跡も見えません。代わりに、Strongyloneura prasinaはaccepted nameとして載っています。どうしてこうなったのか、その後の変化が追えません。「日本昆虫目録(2014)」の通りだとすると、本州産はStrongyloneura prasinaで、和名はシリブトミドリバエということになってしまうのですが・・・。

2016/4/29(金) 午前 6:12 [ 廊下のむし ] 返信する

ちょっと検索しても要領を得ないと思ったら、やっぱりややこしいことになってるんですね。
シリブトミドリバエと言う名前は初耳です。
この辺はハエの専門家じゃないと分からないのかなあ?

2016/4/29(金) 午後 8:30 [ 菅井 桃李 ] 返信する

顔アイコン

調べれば調べるほど分からなくなりました。最近の論文を見ても、ミドリバエ Strongyloneura prasinaとしている論文、Isomyia senomeraがミドリバエとしている論文がありました。ややこしいことに、この両方ともCatalogue of Lifeではaccepted nameとされて、分布に日本が入っています。そのうち、「日本昆虫目録(2014)」には前者だけ。さらに、前者の名前はシリブトミドリバエになっていて、ミドリバエという和名の種はありません。こんな状態なので、少なくとも和名はミドリバエという名前でよいみたいですね。

2016/4/29(金) 午後 9:41 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事