廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

家の近くのむし探検 第28弾

一昨日の午後から1時間ほど近くの公園で「むし探し」をしました。このくらいの時間でも十分すぎるほど虫を見つけられるようになってきました。いい季節ですね。

イメージ 1

今日の最初はこの写真です。最初見た時、ガガンボかなと思ってしまいました。というのは

イメージ 2

体の横にこんな平均棍のような突起があるからです。でも、図鑑で見ているうちにイトカメムシの仲間かなと思うようになりました。そうしたら、Hepotaさんから、先日撮影した交尾中の個体もイトカメムシの仲間だと教えていただきびっくりいたしました。「原色日本カメムシ図鑑第3巻」や「原色昆虫大図鑑III」によると、日本産イトカメムシ科で本州に分布するのは、ヒメイトカメムシ、アカオオイトカメムシ、オオイトカメムシ、イトカメムシの4種です。ヒメイトカメムシは小型なのと、触角や脚に黒色輪があり、小盾板基部に針状突起があることで見分けられ、また、オオイトカメムシとアカオオイトカメムシは触角の紡錘型部分と腿節先端部が共に黒、共に赤褐色とのことで、いずれもこの写真の個体とは異なります。たぶん、イトカメムシ Yemma exilisでよいのではないかと思います。それではこの突起は何だろうと思って、記載論文を探してみました。

G. Horváth, "Berytidae novae", Annales historico-naturales Musei nationalis hungarici, 3, 56 (1905). (ここからダウンロードできます)

やっと見つかりました。ハンガリーの雑誌だと思うのですが、この論文はまったく読めません。専門用語は何とか読めるのですが、後はまったくのお手上げ状態でした。ただ、属名のYemmaは日本神話からつけられたというようなことが書かれていました。たぶん、閻魔大王ですね。理由は分かりません。

イメージ 3

こちらはネットでの画像検索からホシヒメヨコバイという名前が出てきました。今のところ、確かめようがないのですが・・・。

イメージ 4

こちらは本当にガガンボでしょうね。翅脈を見てみました。

イメージ 5

Sc脈が前縁に達しているみたいなので、たぶん、ヒメガガンボ科ではないかと思いました。残念ながら、ここまでです。

イメージ 6

イメージ 7

そのほかカメムシ目ではアブラムシの仲間がいたので撮ったのですが、これもお手上げです。

イメージ 8

イメージ 9

ハエ目もいたら撮ってしまいます。クロバネキノコかなとも思ったのですが、ちょっとわかりません。

イメージ 10

それにユスリカです。「廊下のむし探検」を始めたころは、見つけた虫の名前をすべて調べたいと思っていたのですが、ハエ目などは科までいったらなんとなく満足してしまうようになりました。今年の目標はユスリカとアザミウマのつもりだったのですけど・・・。

イメージ 11

甲虫はいろいろといました。これはマンションの倉庫の壁にいたものですが、いつものジンガサハムシとちょっと違うようです。ヒメジンガサハムシかなと思ったのですが、どうでしょう。

イメージ 12

これは腿節が半分黒いので、アオハムシダマシでしょうね。見分け方はこちらにちょっと書きました。

イメージ 13

これはコブハムシ属ですが、写真を見ていると、今まで見てきたムシクソハムシとはちょっと違うような気がしてきました。種の区別には前胸腹板後突起と後胸腹板後突起を見ないといけなかったのですね。ムシクソハムシだとばかり思って見るのを忘れていました。(追記2016/05/10:菅井桃李さんから、「ツツジっぽい葉ですが、ツツジコブハムシ?この仲間はホストに居てくれるとわかり易いんですが…。」というコメントをいただきました。5月5日にやはりツツジで採集した個体を調べてみたところ、予想通り、ツツジコブハムシになりました。いいヒントをどうも有難うございました。今後ともよろしくお願いします

イメージ 14

イメージ 15

この間も見たヒメクロオトシブミですが、前よりはうまく撮れました。

イメージ 16

これはナミテントウ?(追記2016/05/10:菅井桃李さんからダンダラテントウだと教えていただきました。見たときに違和感があったのですが、やはりナミテントウではなかったのですね。ダンダラテントウも斑紋にだいぶ変化があるようです

イメージ 17

イメージ 18

それに道路際にいたクロカタビロオサムシです。とにかく動く動く。ちっとも止まりません。道路わきの溝の壁に着いてやっと止まりました。道路に出るわけにもいかず、横からの写真になってしまいました。

イメージ 19

マルハナバチの仲間ですが、どうやって区別したらよいやら。やはり採集しないとダメかな。ちょっと大きいし・・・。

イメージ 20

イメージ 21

クモはこの2種。上はサツマノミダマシの幼体かなと思ったのですが、どうでしょう。下はコモリグモの仲間でしょうが、この手のクモはさっぱり分かりません。

この記事に

閉じる コメント(2)

ツツジっぽい葉ですが、ツツジコブハムシ?
この仲間はホストに居てくれるとわかり易いんですが…

テントウムシはダンダラテントウですね。

2016/5/5(木) 午後 8:46 [ 菅井 桃李 ] 返信する

顔アイコン

ツツジの葉です。確か、コブハムシ属は検索表がありましたね。実は昨日もいたので一匹捕まえてきました。今度、検索をしてみます。

ダンダラテントウでしたか。ナミテントウにしては違和感があったので?マーク付きでした。ダンダラテントウ、前に一度見ていたのですが、このテントウにも模様の変異があるのですね。

2016/5/6(金) 午前 8:15 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事