廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

先日捕まえたコブハムシを調べてみました。

イメージ 1

イメージ 2

最初に見たのは上の写真の個体で5月1日でした。次に見たのは下の写真の個体で5月5日でした。いずれもツツジの葉についていました。捕まえたのは2匹目の個体です。

コブハムシ属については、「原色日本甲虫図鑑IV」に日本産8種についての検索表が載っていました。これを使って検索してみると、菅井 桃李さんの予想通り、ツツジコブハムシになりました。その部分の検索表は簡単で以下の通りです。

イメージ 3

ここには、以前マンションの廊下で見たムシクソハムシと今回見たツツジコブハムシの両方についての検索表を載せています。要は腹面にある腹板突起の形を見ればよいのです。

イメージ 4

これは腹面の写真です。全長は3.3mmでした。前胸腹板後突起と後胸腹板後突起の部分を拡大して、以前見たムシクソハムシと比較してみました。

イメージ 5

aはムシクソハムシ、bは今回の個体です。「前胸腹板の後突起の側縁が側方に鋭く突出し」というのは㋐の部分です。また、「末端部も角張る」は㋑の部分です。aとbともに突出しています。後胸腹板後突起の部分は㋒の部分ですが、ここに違いが見られます。ムシクソハムシは三角形で、先端は丸くなっています。一方、今回の個体は横長で、末端は直線状だというのも何となく分かります。

イメージ 6

これは背側からの写真ですが、淡色の斑点があります。ということで、ツツジコブハムシで間違いないのではないと思います。翅の合わせ目のところが面白いですね。まるでファスナーみたいです。

イメージ 7

顔も見てみました。携帯ストラップにつける小さな人形みたいですね。

イメージ 8

以前、菅井 桃李さんが立てることのできる虫はこれくらいと言われていたことを思い出しました。それで立ててみました。ちょっと古代の偶像みたいでしょう。ちなみに顔は右手前を向いています。

閉じる コメント(4)

立ってますねえ。
交尾は縦の筒と横の筒です(笑)

2016/5/9(月) 午後 8:32 [ 菅井 桃李 ]

顔アイコン

それにしても面白い虫ですね。立たせて写真を撮ったのですが、ちょっと印象的にしようと照明を片方から当ててみました。
交尾は縦と横ですか?ちょっと想像できないですねぇ。

2016/5/10(火) 午前 7:04 [ 廊下のむし ]

顔アイコン

おー…これはシュールな(笑)
アイアンメイデン的なニオイを感じますね。

2016/5/11(水) 午後 10:19 [ MSWi ]

顔アイコン

私はアイアンメイデンが何だか分かりませんでした。ネットで調べて合点。ハムシ君、そこまで強烈ではない感じですけど(笑)。

2016/5/12(木) 午前 6:04 [ 廊下のむし ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事