廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

家の近くのむし探検 第39弾

3日前の公園の虫探しの続きです。早く出さないと、2日前と今日撮った写真が溜まってきました。

イメージ 1

こんなカミキリがいました。模様からはトゲヒゲトラカミキリのようです。マンションの廊下でも何度も見たことがありました。マンションからこの公園までは歩いて5分程度。同じ雑木林に面しているので、出てくる虫もだいたい同じみたいですね。3年半の間、マンションの廊下で勉強したことがずいぶん役に立ちます。

イメージ 2

後はいつもの連中です。これはツツジコブハムシでしょうね。だいぶお馴染みになりました。こうやって近くから写すと確かに虫なのですが、ツツジの葉の上にはいろいろなものが落ちているので、ぱっと見ただけでは見逃しそうです。

イメージ 3

この間から見ているヒメクロオトシブミです。何度写しても格好がいいですね。

イメージ 4

この間、ヒゲナガウスバハムシだとしたハムシです。最近、手作り図鑑の制作を進めているのですが、ハムシのところになって、「原色日本甲虫図鑑IV」と「原色昆虫大図鑑II」とで和名がずいぶん違うことに気が付きました。この種はニッポンヒゲナガウスバハムシとなっていました。イタドリハムシもイタドリヒゲナガハムシ。この和名、どこまで通用しているのでしょう。

イメージ 5

次は苦手なコメツキです。外観から、この間、MSWiさんにコメントしていただいたキバネホソコメツキだろうと思って、「絵解きで調べる昆虫」の検索表を見てみました。キバネホソコメツキはコメツキ亜科第2群に入るのですが、検索表を見ると、「前頭横隆線は台形状で、前頭横溝は生じない。前胸背板の側縁は目の中央部に達する。」となっています。

イメージ 6

これは横から撮ったものですが、前胸背板側縁は複眼の下に達していることは確かです。前頭横溝ははっきりしません。だとすると第3群かもしれないなと思って悩み始めました。今度、一度採集してきて調べてみたいと思っています。コメツキにはいつも悩みます・・・。

イメージ 9

ツツジの葉にラクダムシがいました。いつもマンションの廊下にいる姿ばかり見ていて、自然にいる姿を見るのは初めてです。でも、やはりラクダムシはラクダムシですね。

イメージ 7

木の幹をクモがちょこちょこと歩いてきて、ちょっとした窪みにしゃがみ込みました。こうするとほとんど目立ちません。キハダエビグモだと思います。

イメージ 8

これはネコハエトリだと思います。

イメージ 10

最後は公園の植物を一つ。モクレン科のユリノキです。こんなにつぼみが膨らんできました。もうすぐ開花ですね。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事