廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

家の近くのむし探検 第47弾

一昨日の公園のむし探検の結果の続きです。毎日のように同じ公園に行って、同じツツジの植え込みばかり見ていると、何だか常連ばかりになってきました。もうそろそろ場所を変えた方がよいかな。

イメージ 1

ヒメクロオトシブミがツツジの葉の上で何かやっています。葉を切っているのかなと思って見ていたのですが、そうでもなさそうです。

イメージ 2

立ち去った後を見てみると、こんな穴が開いていました。葉を食べていたのですね。

イメージ 3

これは別のところで撮ったものです。

イメージ 4

チビタマムシがまたいました。今度は無事採集できました。チビタマムシは刺激を与えると下に落ちるので、下に袋を置いて待っていて、上で揺するととすぐに採集できます。今日は頭盾を調べてみました。まだきちんと測ってはいないのですが、横に細長いので、たぶん、ナミガタチビタマムシだと思います。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

後はいつもの甲虫たちでした。上から、キイロテントウアオハムシダマシセボシジョウカイ辺りの種です。

イメージ 8

イメージ 9

カメムシ目はイトカメムシを除いてこの2種。ツヤアオカメムシとクワキヨコバイ属。

イメージ 10

ヤブキリの幼虫。

イメージ 11

ハエはやたらとカップルが多かったです。これはホソヒメヒラタアブ

イメージ 12

イメージ 13

胸背の3本線、腹部の市松模様。ニクバエでしょうね。

イメージ 14

これは何だか分からなかったのですが、平均棍が見えているのでハエであることは間違いないですね。

イメージ 15

これはカップルではないですが、たぶん、オドリバエですね。後脚腿節が太いですね。

イメージ 16

イメージ 17

ミバエ科のAnomoia属(ハススジハマダラミバエ類)であることは確かでしょう。「日本昆虫目録(2014)」によると、Anomoia属で本州で見られるものは、ツマモン、クチジロ、オスグロ、ミヤビ、クロ(ハスジ)、チャイロの6種です。このうち、ツマモン、クチジロ、ミヤビはタイプ標本が大阪府大の学術資料で見ることができます。クロ(ハスジ)は次のサイトで見ることができます。チャイロは「原色昆虫大図鑑III」の図版に載っています。という具合に、標本写真はいろいろと見ることができるのですが、違いを正確に知ろうと思うと、やはり伊藤氏の"Die Japanischen Bohrfliegen"を読まないといけないのかなぁ。

イメージ 18

後はクサグモの幼体?

イメージ 19

それに、マミジロハエトリでした。

これは一昨日撮った写真ですが、昨日はちょっと別の場所に行ってみました。そこは家の近くで林の入り口の道なのですが、やはり場所が変われば出てくる虫が少し違いますね。明日をお楽しみに!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事