廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

家の近くのむし探検 第59弾

一昨日、家の近くにある林の入り口にいってみました。ここは適当に陽も当たり、やや日陰にもなっていて何となく虫が多そうな場所です。私のお気に入りの場所でもあります。わずか20mほどの間の狭い場所ですが、ここで2時間も粘って虫の写真を撮りました。今日は分からない甲虫が多いので、名前調べが大変でした。だいぶ間違っているかもしれません。

イメージ 1

まずはコガネムシから。きらきらと光ってとても綺麗ですね。

イメージ 2

次はこれです。クロコガネかなと思ったのですが、以前買った「日本産コガネムシ上科標準図鑑」で調べてみました。似た種にマルオクロコガネがいて、近畿には両方分布していそうです。この2種は前胸背板後縁の点刻でも見分けられるようです。後縁の点刻が中央付近で広く消滅していたらクロコガネ、まばらな点刻がある場合はマルオクロコガネ。

イメージ 3

後縁がどの部分を指すのか分からなかったのですが、ネットを見ると書いてあるサイトがありました。本当に縁の部分の点刻を指すそうです。この個体ではまばらにあるので、マルオクロコガネかなと思いました。

イメージ 4

ついでに頭盾と、

イメージ 5

腹部末端も写しておきました。これは図鑑の♂の図と違うので、♀の方かな。

イメージ 6

後はハムシですね。これはドウガネサルハムシかなと思ったのですが、どうでしょう。

イメージ 7

イメージ 8

このハムシはたくさんいました。キベリクビボソハムシみたいですね。初めて見ました。図鑑によると、食草はヤマノイモみたいです。

イメージ 9

これもたくさんいました。たぶん、キバラヒメハムシではないかと思います。一匹採集したのですが、たぶん、こ種ののハムシだったと思います。その個体は確かに腹部が黄色かったです。食草はノリウツギ、コナラなどの花だそうです。

イメージ 10

問題はこれです。このハムシがどうもよく分かりません。雰囲気的にキアシノミハムシかなと思ったのですが、おそらく違うでしょうね。この色のハムシは難しいですね。

イメージ 11

イメージ 12

これはたぶんヒメジンガサハムシだと思うのですが・・・。

イメージ 13

ハムシの最後はこれです。変わった姿ですね。笹にこんな食痕をつけています。たぶん、タケトゲハムシだと思います。

イメージ 14

ナミテントウ

イメージ 15

イメージ 16

これには悩みました。たぶん、ヒメテントウの仲間だろうなと思って、「原色日本甲虫図鑑III」の検索表で調べてみました。上翅の端が淡色で、前胸背板に淡色部がないなどから、コクロヒメテントウというところまで来たのですが、よくは分かりません。似た種が多いですからね。

イメージ 17

イメージ 18

ハナノミとハネカクシは今のところ名前調べを諦めています。

イメージ 19

後はゴモクムシの仲間、これもダメ。

イメージ 20

最後はヒメトラハナムグリだと思う個体です。これは初めて見ました。

イメージ 21

後はカメムシを紹介します。これはたぶん、ヨツボシカメムシ

イメージ 22

ケブカヒメヘリカメムシ

イメージ 23

最後はワラジカイガラムシの仲間です。こういう白い個体はハワードワラジカイガラムシだというようですが、本当でしょうか。残りの虫は次回に回します。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事