廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

家の近くのむし探検 第68弾

6月3日午後に家の近くの林の入り口で探した虫です。この道は人通りも少なく、その割には陽も少し当たって明るいので、虫を探していても気持ちのよい場所です。先日はわずか20mほどの間で、2時間も粘って虫を探してしまいました。その結果、山のような写真が撮れ、その整理が大変でした。この日は3時ごろにほんの少しだけのつもりで行ったのですが、時間はあっという間に経って、結局、40分ほど探してしまいました。

イメージ 1

綺麗なのですが、名前調べがほとんどできない蛾です。「標準図鑑」を見ると、Abraxas属calospilos亜属には8種いて、横脈状の黒環の発達程度は種によって比較的安定しており、種の同定に役立つとのことです。この個体は黒環がはっきりしているので期待したのですが・・・。8種は次の通りです。

キタ      ×
ヒメ       ○
ヘリグロ    ○
クロ       ○
ヒトスジ    ○
ユウ(2亜種) ×
ミナミ      ×

どれも名前の後ろに「マダラエダシャク」がついています。したがって、一番上はキタマダラエダシャクとなります。×とか○は黒環があるかないかの記号です。黒環があるからといって、種が分かるわけではないですね。後は、黒斑の発達程度、後翅の外横線の列数、前翅基部と後角付近の橙色紋の発達で見分けるようですが、それも変異が多いので、結局は交尾器を見よということのようです。

イメージ 2

このハマキガはだいぶ迷ったのですが、結局、ニセバラシロヒメハマキにしてしまいました。茂みの奥に止まっていたので、横からは写せなかったのですが、前翅後縁近くの模様が似ているので、大丈夫かなと思います。

イメージ 3

イメージ 4

チョウのようなポピュラーな虫は写さないことにしていたのですが、あまりにじっと止まっているので、ついでに撮ってしまいました。ムラサキシジミルリシジミですね。

イメージ 5

バッタの幼虫をよく見るのですが、何の仲間かすらよく分かりません。でも、ずっと撮っているとそのうち大きくなるので、分かるようになるかもと思って期待しています。

イメージ 6

この間、名前の分かったヒメガガンボ科のミスジガガンボです。こうやって止まっていると普通なのですが、

イメージ 7

葉の上で動き回ると、ゆったりとした踊りを踊っているようで面白いですね。

イメージ 10

フラッシュに敏感なアシナガバエの撮り方がやっと分かってきました。ともかく、逃げても逃げても何度でも試していると、そのうち、動かなくなります。今度、属の検索をしてみます。

イメージ 8

後はクズノチビタマムシ

イメージ 9

ゴミムシの仲間。そういえば、琵琶湖博物館の「里山のゴミムシ」、まだアクセスできないですね。

イメージ 13

眼のところの模様から、たぶん、シロタニガワカゲロウの♂亜成虫だと思います。

イメージ 11

アリグモです。大きなダニが二つもついていて気の毒みたい。

イメージ 12

こちらは細長いのでヤサアリグモの方かな。

最後に河原にもちょっと寄ってみました。

イメージ 14

ハルジョオン(?)ハルジオンの花をずっと探して回ったら、やっとアザミウマを見つけました。以前、梅谷献二ほか、「農作物のアザミウマ」、全国農村教育協会 (1988)という本を古書で買ったので、一度、調べてみたかったのですが、ぱらぱら見るとやはり農作物中心なのですね。ハルジョオンは出てないみたい。でも、各部の構造などは詳しく載っているので、勉強にはなるかも。とりあえず、科の検索の最初は、「腹部第10節は管状をなし・・・」とあるので、これはクダアザミウマ亜目クダアザミウマ科であることは確かそうです。次の亜科の検索では小腮針の直径を問題にしているので、早速、顕微鏡が必要みたいです。(追記2016/06/08:菅井 桃李さんから、「ハルジオンかな?見た目も名前も紛らわしいハルジオンとヒメジョオンですが、簡単に見分けるには、茎が中空になっていればハルジオン、随が詰まっていればヒメジョオンです。名前の方は春に咲くシオンでハルジオン、姫は女なのでヒメジョオンです。」というコメントをいただきました。ハルジオン、ヒメジョオン、まったく知りませんでした。漢字で書くとそれぞれ、春紫菀、姫女菀になるみたいです。植物にも詳しくなって嬉しいです。コメント、どうも有難うございました

この記事に

閉じる コメント(2)

ハルジオンかな?
見た目も名前も紛らわしいハルジオンとヒメジョオンですが、簡単に見分けるには、茎が中空になっていればハルジオン、随が詰まっていればヒメジョオンです。
名前の方は春に咲くシオンでハルジオン、姫は女なのでヒメジョオンです。
春紫オンも姫女オンも漢字で覚えれば間違えませんが、オンの字が通常は変換できなかったり、文字化けてするか表示できない為に「苑」の字が当てられているのを見ますね。
漢字表示のJIS規格は確か第1から第4までだったと思いますが、通常は第2までしか表示しない環境だったかな(うろ覚え)

2016/6/7(火) 午後 8:19 [ 菅井 桃李 ] 返信する

顔アイコン

ハルジオンにヒメジョオンですか。違うとはまったく知りませんでした。ちょっと物知りになって嬉しいです。それにしても植物のことまでよくご存じですね。びっくりしました。

春紫菀、姫女菀。手書き入力で出してみました。これは表示できているかな。中国語の辞書でも調べてみました。菀 一字だとyuで「茂っていること」、紫菀のときの発音はwanで植物名だそうです。雑学でした。

2016/6/7(火) 午後 9:21 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事