廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

家の近くのむし探検 第75弾

3日前の公園の虫探しの結果です。今日の最初は砂場で飛んでいたハチのその後です。ヤマトスナハキバチだと思っているハチです。

イメージ 1

砂場にヨコバイみたいな獲物を運んできたハチがいました。穴を探してその中に入りました。その間、獲物はちょっと離れたところに置きっぱなしです。しばらくするとまた出てきて、

イメージ 2

穴の近くまで獲物を運び、

イメージ 3

そして、一旦、中に入り、

イメージ 4

中から引っ張り込みました。

イメージ 5

しばらくして、中から出てきました。

イメージ 6

イメージ 7

そして、脚でさっさっと砂をかけると、ほとんど入り口はどこだか分かりません。スナハキバチというのは「砂掃き」の意味かも知れませんね。

イメージ 8

次は蛾です。これはウスヅマスジキバガ

イメージ 9

これはかなり迷ったのですが、結局、マエチャオオハビロキバガにしてみました。前縁の濃色の部分が写っていないのですが・・・。

イメージ 10

こちらはモモノゴマダラノメイガ

イメージ 11

ヤマトカギバ

イメージ 12

マエグロホソバ

イメージ 13

これはヒョウモンエダシャク

イメージ 14

最後はこの蛾です。分かりにくいのですが、クロテンカバアツバかなと思っています。

イメージ 15

それから、ヤブキリの幼虫です。だいぶ大きくなってきました。ずっと見ていると、変化がよく分かりますね。

イメージ 16

最後はクモです。このクモの名前が分かりません。クモは難しいですね。(追記2016/06/20:MSWiさんから、「最後の、オビジガバチグモでしょうかね。ジガバチの由来は何なのか…。」というコメントをいただきました。クモは図鑑を何度見てもなかなか分かりません。どうも有難うございました

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

最後の、オビジガバチグモでしょうかね。
ジガバチの由来は何なのか…
北米産のCastianeira amoenaというのが中々格好良くて気になっています。
まぁ、見る機会は無いだろうなぁ。
とはいえ日本のコイツもこれはこれで。

2016/6/16(木) 午前 5:23 [ MSWi ] 返信する

顔アイコン

クモのこと、よくご存知ですね。オビジガバチグモというクモは初めて聞きました。Castianeira amoenaもネットで見てみました。随分、色のきれいなクモですね。クモももう少し親しみが湧くようになるといいのですが、まだ拒否症が残っていて・・・。蛾は大きな蛾以外はほぼ拒否症は解消したので、クモももう少し頑張って写真を撮っていこうと思っています。

2016/6/16(木) 午後 5:10 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事