廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

家の近くのむし探検 第77弾

とうとうブログに出すスピードより写真を撮るスピードの方が速くなってしまいました。ブログが間に合わないのですが、もう仕方がありません。のんびりやっていくことにします。これは6月11日午前に公園で見た虫たちです。公園の一角にあるツツジの植え込みを見ているだけなのですが、面白い虫が次々と出てきますね。

イメージ 1

こんな虫は見たことがありませんでした。たぶん、ヨコバイの幼虫でしょうね。ネットで探したのですが、見つかりません。やっと岐阜大のサイトで未同定とされた種と似ていることを見つけました。ヨコバイやハゴロモの仲間はこの間から次々と変わった姿を見せてくれているのですが、なかなか図鑑にも載っていなくて名前調べができません。

イメージ 2

イメージ 20

イメージ 3

これはクサカゲロウの幼虫。何匹かいたので撮影したのですが、どの写真がどの個体だか分からなくなってしまいました。背負っているごみから判断するしかないですね。写した個体の頭部の模様が似ているので、同じ種かなと思っているのですが、塚口氏の"Chrysopidae of Japan (Insecta, Neuroptera)"に書かれた図と比べてみると、頭部の模様はどれもみな似ていて、とてもそれだけで種の同定ができそうな気がしなくなりました。やはり幼虫の検索をしないといけませんね。そのためには毛の向きや毛列の数などを調べなければなりません。最近は虫の名前調べだけでも忙しくて、詳しく調べる時間がなくなっています。

イメージ 4

オドリバエの仲間がいました。後脚が太くて捕獲脚になっていて、さらに、胸背が盛り上がっています。この間、検索したhybos属のようです。よく見るとかなりの数がいます。

イメージ 5

葉の隅で頭を葉につけるように止まっているオドリバエを見つけました。しばらく見ていたら、

イメージ 6

こんな倒立を始めました。体操でもやっているのでしょうか。

イメージ 7

これも頭をつけて、倒立しているような恰好で止まっています。いったい何をしているのでしょうね。

イメージ 8

イメージ 9

ユスリカも検索をするすると言いながら、まだ、何もしていません。冷凍庫には2,3匹入っているので、いつでもできるのですけど・・・。上は♂ですね。下は以前、教えていただいたツヤユスリカの♀でしょうか。

イメージ 10

ガガンボのカップルがいました。仲がよさそうですね。頭をくっつけ合っています。

イメージ 11

これはコガシラアワフキだと思います。この後、何度か見ました。

イメージ 12

このヨコバイは特徴がなくて分かりません。

イメージ 13

この間見つけたツヤホソバエをまた見つけました。落ち着かなくて、ともかくじっとしてないので、何だろうと思って見たらこのハエでした。この間見つけたとき、ヒトテンツヤホソバエかその仲間ということになったのですが、「日本昆虫目録第8巻双翅目」によるとSepsis属には14種もいることが分かりました。これについては次の論文の種の検索表が載っていることが分かりました。

M. Iwasa, "Studies on the Sepsidae from Japan (Diptera) : I. Revision of the Genus Sepsis FALLEN, with a Key to the Japanese Genera", 昆蟲 48, 402 (1980). (ここからダウンロードできます)

ツヤホソバエは科の検索もしたことがないので、一度、ちゃっとやってみようかと思って採集しました。これも冷凍庫の中です。

イメージ 14

次は甲虫です。これも小さなハムシなのですが、たぶん、ドウガネツヤハムシではないかと思っています。甲虫はあまり検索をしたことがないので、どうも不確かなものばかりなのですけど・・・。

イメージ 15

そして、これはムネアカクロジョウカイではないかと思います。

イメージ 16

これは捕まえてオオカマキリの幼虫だということを確認しました。

イメージ 17

こちらは逃げられたのですが、後から見ると何となく雰囲気が違いますね。コカマキリとも違うようで・・・。

イメージ 18

クモではジョロウグモの幼体がいました。

イメージ 19

最後は植物です。今日はキノコにしました。何となく傘の縁がヒトヨタケ風な感じがしたのですが、昔買っていた「日本のきのこ」(1988)を見てもどうもぴったりとくる種がありません。キノコは、昔、何度か名前調べに挑戦したのですが、そのたびに挫折です。

この記事に

閉じる コメント(2)

幼虫は不明のものが増えますが、面白いものも多いんですよね。

ヒトテンツヤホソバエの仲間はオスの前脚の形とか…(うろ覚え)

これだけ色々出てくると、虫探しも面白いでしょうね。
こちらはアブやムシヒキアブが増えてきました。@長野

2016/6/15(水) 午後 7:27 [ 菅井 桃李 ] 返信する

顔アイコン

ヨコバイの幼虫は面白いのですが、今のところ、名前調べの手掛かりもつかめません。何とかしたいですね。

よくご存じですね。ヒトテンツヤホソバエらしき個体は採集したので、検索をしてみればよいのですが、最近はなかなかその余裕もありません。それにしても外に出ると虫が多いですね。晴れるとつい写真を撮りに行ってしまうので、雨でも続いてくれるとよいのですけど・・・。

2016/6/15(水) 午後 9:17 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事