廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

家の近くのむし探検 第84弾

6月17日の公園でのむし探しの結果です。この公園は半分が広場になっていて、残り半分は遊具があったり、木が植わったりしています。私はもっぱら広場の周りのツツジの植え込みで虫を探しています。葉の表にいる虫ばかりを探しているのですが、それでも結構見つかります。

イメージ 1

イメージ 2

今日の最初はこのカップルからです。下は明らかにエサキモンキツノカメムシですね。上は今までの私に認識だとモンキツノカメムシなのですけど・・・。異種間の交尾なのか、それとも私の認識の誤りか。(追記:以前撮った写真を見たりや「原色日本カメムシ図鑑第3巻」の説明を読むと、モンキの方が前胸背側角が強く出るようです。この写真の個体はあまり出ていないので、上もエサキモンキツノカメムシなのかもしれません

追記2016/06/26:星谷 仁さんから、「エサキモンキツノカメムシとモンキツノカメムシ──よく似ていますね。僕もはじめ違いがよくわからなかったのですが、モンキツノカメムシは前胸の背面が緑色であることが多いような気がしています(文献なとを調べたわけではないのでこれが確かな識別点かどうかはわかりませんが、僕が見た限りでは当てはまっているように思います/よって画像のペアは両方エサキモンキツノカメムシかと)。紋の形は個体差があって「紋の形」で見分けるのは難しい場合もあるようです。「紋の位置」でいうとモンキツノカメムシの方が楯板の前縁寄りな感じもします。前胸背側角ですが、これも個体差があるみたいですね。エサキモンキツノカメムシではほとんど消失した個体を見たことがあります。」というコメントをいただきました。よく観察されていますね。私は紋の違いだけで区別していたので、こんな交尾ペアを見ると困惑してしまいました。こうやって両者を比べてみると一目瞭然のような気がします。前胸背板の色、紋の位置、確かに違いますね。これはいい識別方法を教えていただきました。過去に撮った写真を見ても、まさにその通りでした。貴重な知見をどうも有難うございました

イメージ 3

後腿節が黒いのでブチヒメヘリカメムシということになるのですが、全体がやけに白い感じです。「原色日本カメムシ図鑑第3巻」を見ると、体色の明るい種としてコブチヒメヘリカメムシがいます。検索は頭部にやや長い軟毛の密にある方がブチヒメ、短い軟毛のまばらな方がコブチヒメ。長い毛はなさそうですが、詳しく見るにはピントがそこまであっていません。体色から、たぶん、コブチヒメヘリカメムシではないかと思っています。

イメージ 4

次はこれ。「原色昆虫大図鑑III」の図版を見て、ヨスジヒシウンカではないかと思いました。近縁種がいるのかどうかは分かりませんが・・・。

イメージ 5

この間から見ているリンゴマダラヨコバイです。あまりにも模様が凝っているので、また、撮ってしまいました。

イメージ 6

今年の5月13日にも採集をして、そのときに検索もしたと思うのですが、なぜか記録が残っていません。シマバエ科Homoneura属というところまではブログに載っていました。。今回は採集しなかった・・・。

イメージ 7

こちらのハエは写真だけです。

イメージ 8

とにかく大きな羽アリがツツジの葉の上に潜んでしました。見た感じ2cmほどはありそうです。何かの女王アリ候補なのでしょうね。

イメージ 9

マメコガネが2匹並んでいました。何をしているのでしょうね。

イメージ 10

これはどこかで見た記憶があったのですが、記録を見ると載っていません。「原色日本甲虫図鑑III」で調べると、ヒロオビジョウカイモドキ♂のようです。最初、アリモドキかなと思いました。

イメージ 11

この間から名前が分からないハムシだと言っていたら、以前、マンションの廊下でも見ていました。たぶん、ウスイロサルハムシだと思います。(追記2017/10/06:これはサクラサルハムシかもしれません。詳細はこちらをご覧ください

イメージ 12

コメツキがいました。いつものアカハラクロコメツキかなと思って、ひっくり返したのですが、

イメージ 13

腹が赤くなかったですね。さて、なんだろう。

イメージ 14

これはツツジトゲムネサルゾウムシ。この名前がどうしても覚えられない・・・。

イメージ 15

黒くて艶があるからクロツヤテントウといっているのですが、実際はよく分からないですね。

イメージ 16

葉っぱにこんな巣を造っているクモがいました。

イメージ 17

ハグモの仲間だと思うのですが、よく分かりません。

イメージ 18

こちらはこんな巣です。同じ巣でもだいぶ感じが違いますね。

イメージ 19

こちらはこんなクモです。たぶん、クサグモだと思うのですが、コクサグモかもしれません。

イメージ 20

イメージ 21

最後は道端で咲いていたこんな花です。昔、ハマナデシコを海岸で見つけて庭に植えていたことがあったのですが、それと大変よく似ています。園芸種かもしれませんが・・・。

この記事に

閉じる コメント(2)

いつも、興味深く、感心しながら拝見しています。

エサキモンキツノカメムシとモンキツノカメムシ──よく似ていますね。僕もはじめ違いがよくわからなかったのですが、モンキツノカメムシは前胸の背面が緑色であることが多いような気がしています(文献なとを調べたわけではないのでこれが確かな識別点かどうかはわかりませんが、僕が見た限りでは当てはまっているように思います/よって画像のペアは両方エサキモンキツノカメムシかと)。紋の形は個体差があって「紋の形」で見分けるのは難しい場合もあるようです。「紋の位置」でいうとモンキツノカメムシの方が楯板の前縁寄りな感じもします↓
http://blogs.yahoo.co.jp/ho4ta214/36559670.html

前胸背側角ですが、これも個体差があるみたいですね。エサキモンキツノカメムシではほとんど消失した個体を見たことがあります↓
http://blogs.yahoo.co.jp/ho4ta214/36641101.html

2016/6/22(水) 午前 10:03 [ 星谷 仁 ] 返信する

顔アイコン

星谷 仁さん、コメント有難うございます。
よく観察されていますね。私は紋の違いだけで区別していたので、こんな交尾を見ると困惑してしまいました。引用されたサイトを見てみました。なるほど、こうやって両者を比べてみると、一目瞭然のような気がします。前胸背板の色、紋の位置、確かに違いますね。これはいい識別方法を教えていただきました。過去に撮った写真も見てみます。貴重な知見をどうも有難うございました。

2016/6/22(水) 午前 11:59 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事