廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

家の近くのむし探検 第93弾

毎日が漏水の後始末で費やしてしまい、気分が晴れないので、3日前の午後、例の公園に行ってみました。やはり外はいいですね。公園をぐるぐる回っているだけでたくさんの虫たちに出会えます。

イメージ 1

イメージ 2

この日一番のトピックスはこのミミズクに出会ったことです。ミミズクの幼虫はそれらしいのを以前見たことがあったのですが、成虫は初めてでした。思ったより大きかったです。なかなかユニークな形をしていますね。今、カメムシ目の手作り図鑑を作っているのですが、毎日のように新しい種が見られ、ちっとも完成に近づきません。マンションの廊下で探していた時には、これほど多くはなかったのですけど・・・。

イメージ 3

ハゴロモの幼虫(たぶん、アミガサハゴロモ)は探せばあちこちに見られますね。これは木の幹についていたもの。

イメージ 4

そして、これはツツジの葉についていたものです。どうしてこれまで気が付かなかったのだろう。

イメージ 5

後、カメムシ目で見たのはこのコガシラアワフキ

イメージ 6

このブチヒメヘリカメムシでした。

イメージ 7

これはマンションの廊下にいました。以前、オオハチモドキバエだとした種です。本当にハチそっくりですね。「日本昆虫目録第8巻」によると、オオハチモドキバエの属するEuphrgota属には3種載っています。ウスイロ、フト、オオの3種です。オオとフトの違いは、「一寸のハエにも五分の大和魂・改」にも出ていました。ちょっと見では、フトは翅は広く暗色で、腿節全体が黒褐色とのことで、この個体とは違います。ウスイロの情報は得られなかったのですが、載せられているオオの写真とはよく似ているので、多分、以前調べたとおり、オオハチモドキバエで合っているのではないかと思います。

イメージ 8

この間からいるサキグロムシヒキでしょうね。

イメージ 9

それにオオイシアブ

イメージ 10

これはハナレメイエバエの仲間でしょうか。以前、検索をした時の記事をもう一度読み直してみたのですが、頭部、胸部側面、脚脛節の剛毛の向きや生え方を見ないといけなかったようです。ちょっと写真判定では難しいみたいです。

イメージ 11

これはムネアカオオアリでしょうか。かなり大きなアリです。

イメージ 12

羽アリもいました。これは体長7mm程度の小さなアリです。以前、雌有翅アリや雄アリの検索を試みたことがあったのですが、どうも既存の検索表では難しそうなことが分かりました。それで、今回は無視することにしました。(追記2018/02/06:ヒラズオオアリではないかと思われます

イメージ 13

後はマダラスズ♀でした。

イメージ 14

クモもいろいろといて面白そうなのですが、どうもクモは怖くて採集ができません。それで、いつも図鑑との絵合わせだけなのでなかなか名前が決まりません。これは特徴がはっきりしていますね。カニグモ科のアズチグモだと思います。

イメージ 15

これもカニグモの仲間で、大変小さいクモです。名前は分かりませんでした。

イメージ 16

この巣を守っているクモはアサヒエビグモかな。

イメージ 17

公園ではアベリアの花が咲き始めました。この花にはいろいろな虫がやってきますね。楽しみです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事