廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

家の近くのむし探検 第114弾

先日、桜の幹でイダテンチャタテの幼虫を見つけたので、昨日もまず桜の木を見てみました。

イメージ 1

この日は翅の長い成虫がいました。以前、12月から2月の真冬に桜の木の幹で見つけて、喜んで写真を撮っていたのですが、こんな真夏にもいるのにはびっくりです。

イメージ 2

写真では拡大していますが、本当は小さいんですよ。これは幹の写真ですが、中心にいる白い点がイダテンチャタテです。「公園の主」さんが指でちょっと触ったら、するするとものすごい勢いで動き始めました。まさに、「韋駄天」です。

イメージ 3

すぐ近くにはもっと小さいこんな幼虫もいました。これは翅がほとんど見えないので、先日見た幼虫よりもっと若齢の幼虫みたいです。公園に行く楽しみが増えましたね。

イメージ 6

同じ桜の木には必ず、このムラクモハマダラミバエがいて、ちょこちょこ動き回っています。何をしているんだか分かりませんが・・・。

イメージ 4

そのほかの「むし」たちです。これはヒメホシカメムシ

イメージ 5

それからアミガサハゴロモ

イメージ 7

それから、クサギカメムシでした。

イメージ 9

イメージ 10

これはたぶん、マミジロハエトリだと思います。マミクロも♀はほとんど変わらないのですが、この公園ではマミジロ♂ばかり見ていたので、たぶん・・・。

イメージ 11

これは、ネコハグモの巣だと思っているものですが、ずいぶんすごいことになっています。

イメージ 12

イタドリの葉っぱに穴があき、そこに白い糸が見えているのをときどき見ます。今日はちょっと裏返してみました。

イメージ 13

何かの幼虫が潜んでいるみたいです。それにしても美しい糸ですね。

イメージ 8

後はマンションの壁にいたものです。オオクロカミキリか、サビカミキリかで悩んだのですが、「原色日本甲虫図鑑IV」によると、オオクロカミキリは♂♀で色がまったく相違すると書かれていました。これは触角が短いのでたぶん、♀。だとすると、オオクロカミキリでは真っ黒?ネットで見ると、翅端の形も違うようで、これは丸まっていないので、やはりサビカミキリの方かなと思っています。

イメージ 14

ヒラタカゲロウ類の亜成虫です。

イメージ 16

イメージ 15

最後はヒメカマキリかなと思っています。この日は雨がときどき降ったりの天気だったのですが、こんな日には蛾が多いですね。名前調べが終わっていないので、蛾は次回に回します。

この記事に

閉じる コメント(2)

( 笑 )公園の主さん 、おはようございます😊 毎日 ご苦労さまです!公園の虫達も そろそろ 廊下の虫さんの顔を覚えたのでは?😄
蛾が多くなってきました。蛾を見ると何時も 廊下のむしさんを連想します ( 笑 )
こちらのブログは閉鎖しましたがこれからも 楽しいブログ拝見させてくださいね ♪

2016/7/27(水) 午前 5:43 [ toko ] 返信する

顔アイコン

tokoさん、お早うございます。朝、早いですね。

「公園の主」さんは、私が公園に行くずっと前から公園に毎日のように来られていたおじさんです。最近は私の影響を受けてか、すっかり虫好きになってしまいました。

そうですねぇ、蛾を見ると、「廊下のむし探検」を思い出しますね。マンションの改修工事も終わったので、廊下に戻ってもいいのですが、もう少し公園の虫も見てみたいので、今年はこのまま公園で虫探しを続けようかなと思っています。「公園の主」さんも待っておられるし・・・。

ブログ閉鎖されたのですか。それはびっくり。私は「手作り図鑑」が完成するまで、もう少し続けようかな。

2016/7/27(水) 午前 6:32 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事