廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

家の近くのむし探検 第187弾

家の近くの公園は草や植え込みが刈られたこともあって、虫が本当にいなくなりました。3日前に行ったときに見た虫です。

イメージ 1

イメージ 2

今日の最初はこのカメムシの幼虫からです。少なかった虫のうち、唯一初めて見た「虫」でした。「日本原色カメムシ図鑑」で探してみると、ミナミトゲヘリカメムシの5齢幼虫のようです。ツツジの葉の上にいました。ミナミトゲヘリカメムシというと成虫は鋭い刺を持っているのですが、幼虫もやはり印象に残る刺を持っています。先はそれほど尖ってはいませんが・・・。

イメージ 3

こちらはヨコヅナサシガメの幼虫です。ユリノキの幹に止まっていました。そういえば、4月ごろに見たときもこの木でしたね。ヨコヅナサシガメというと桜の木を連想するのですが、ユリノキにも集まるのかもしれませんね。

イメージ 4

カマキリがいました。どうもカマキリは苦手で、よう触れません。

イメージ 5

横からちらっと撮ってみたのですが、前脚の間はちょっと見えません。また、カマキリspにするしかないなと思ったのですが、ネットで「オオカマキリ チョウセンカマキリ」で検索してみると、いろいろな方が前脚間の色、後翅の色以外にも違いを見つけようと努力されています。ついでに、♂♀の見分け方も探してみました。基本的には腹部末端を見ればよいようです。ここにひげが4本なら♂、2本なら♀。また、腹部末端の形も違います。上の写真もよくよく見れば、腹部末端がぼんやりと写っています。それから判断すると、これは♀のようです。顔を写せばよかったのですが、つい写しそこなって、この2枚の写真しかありません。ネットで探してみると、胸部と腹部の長さの比を調べているサイトもありました。それによると、♀だと胸/腹が0.54でオオ、0.63でチョウセンと、チョウセンの方が相対的に胸が長いようです。そこで、上の写真でも測ってみると、まさに0.54になりました。オオカマキリ♀の可能性がありますね。今度見たときは、前脚間のほかに、全体写真、顔写真、腹部末端を頑張って撮ろうと思います。何とか、カマキリに触らず、名前が分かるといいな。

イメージ 6

後はツチイナゴ

イメージ 7

桜の木の幹にいたイダテンチャタテはどうなっているかなと思ってちょっと覗いてみたら、相変わらずたくさんいるのですが、中にちらほら翅の長い成虫も混じっていました。翅ができてない小さな幼虫、翅がちょっと伸びた幼虫、いろいろな段階が混じっているようです。

イメージ 8

公園での観察が終わってから、マンションの廊下にツチハンミョウが来ているかどうか見に行きました。まだ、来ていないみたいです。それで、ついでに廊下もちょろっと歩いてみました。これはヒメグモ科のハンゲツオスナキグモ

イメージ 9

キマダラカメムシ。この日もクサギカメムシやマツヘリカメムシは多かったのですが、それらはパスです。

イメージ 10

それから最近よくいるケブカカスミカメ

イメージ 11

クヌギカメムシの仲間です。クヌギカメムシは横から撮った時に黒い気門が見えるはずなのですが、これは見えません。それで、ヘラかサジということになりますが、以前調べたときはヘラばかりだったので、たぶん、ヘラクヌギカメムシじゃないかと思っています。

イメージ 12

イメージ 13

やはりマンションの廊下にはクサカゲロウがいますね。これは両方ともスズキクサカゲロウみたいです。

イメージ 14

さて、以前から宿題になっていたニンギョウトビケラがいました。昨年の11月にも名前を調べようと思って文献を調べたことがありました。この時は次の論文を見つけました。

T. Nozaki and K. Tanida, "The genus Goera Stephens (Trichoptera: Goeridae) in Japan", Zootaxa 1339, 1 (2006). (ここからダウンロードできました)

この論文の中で日本産のニンギョウトビケラ属 Goeraには15種あって、そのうち、近畿地方で見つかりそうなのは5種と載っていました。それぞれの特徴を表にまとめたのですが、結局、採集して腹部腹板の刺と交尾器を見ないといけないということになりました。そこで、今回は採集して、昨日、顕微鏡で調べてみました。詳細はまた今度ブログに載せますが、この個体は♂で、ニンギョウトビケラ Goera japonicaではないかという結論です。

イメージ 15

次はドクガの仲間です。翅縁にある二つの黒い点がないのですが、白い筋が二本入っているので、たぶん、チャドクガではないかと思います。

イメージ 16

最後は公園に行く途中で見たカナメモチです。今年の5月初めに見たときは満開の花だったのですが、今はこんな実になっていました。たぶん、これからもっと赤くなっていくのではないかと思います。そうしたらアップで撮ります。

この記事に

閉じる コメント(2)

イダテンチャタテ両目が飛び出していて面白いですね。
脚がまだら模様なのも美しいです。
ミナミトゲヘリカメムシの5齢幼虫は、成虫とは違う雰囲気を醸し出していますね。

2016/10/31(月) 午前 7:13 [ タイコウッチ ] 返信する

顔アイコン

イダテンチャタテ、変わっているでしょう。私も最初に見たときは宇宙から来た生物ではないかと思ってしまいました(笑)。冬になっても元気に動き回っているので、これから公園に行くといつも見ることになるでしょう。ミナミトゲヘリカメムシの幼虫は今回初めて見ました。でも、何となく面影があるので、見たときにミナミトゲかなと思ってしまいました。

2016/10/31(月) 午後 8:08 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事