廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

家の近くのむし探検 第287弾

7月11日に家の近くの公園へ虫探しに行きました。着いたら、いつものようにツツジの葉表を調べていたのですが、近くをオオゴマダラみたいな蝶が飛び回ってうるさいので、ちょっと手を休めてそちらを見ていました。すると、すぐ前の木に幹に止まりました。

イメージ 1

翅裏が白っぽいので、ひょっとしてオオムラサキ。ちょっと興奮しました。でも、しばらく止まった後、また飛び去ってしまいました。紫色の翅表が撮れなかったので残念だなと思って、まだその辺にいるかもと思って公園内を探してみると、砂場にいました。

イメージ 2

砂に口吻を刺して吸水している様子です。

イメージ 3

時々、翅を開くのでこんな写真も撮れました。普段、チョウはあまり撮らないのですが、オオムラサキは別格です。ちょっと気分がよくなりました。

イメージ 4

こちらは公園に行く途中で見つけたウスバカゲロウです。複雑な模様ですが、その模様からコマダラウスバカゲロウかなと思いました。

イメージ 5

これは頭部の拡大です。よく見ると、変わった虫ですね。

イメージ 6

イメージ 7

公園のツツジの葉にこんな白い虫がいました。コナジラミよりはかなり大きいので、以前、教えていただいたコナカゲロウだろうと思いました。これについては以前検索を試みて、シロコナカゲロウかもという判定になりました。この時のブログを読むと、翅脈が分かると判断がつくと書いてあったので、今回も調べてみました。ただ、こんなに白いと翅脈が見えません。そこで、明るさを変えて何とか翅脈が見えるようにしてみました。

イメージ 8

これがそれです。ついでに、翅脈の名称と、検索で前翅の翅脈が問題になる項目を前のブログに習って書き入れました。この前翅で見る限りは以前と全く同じなので、たぶん、これもシロコナカゲロウだろうと思いました。翅が白く写ったので翅脈は無理かなと思ったのですが、やはり、やってみるものですね。

イメージ 9

後は蛾です。公園で蛾を撮るといつもこんな感じになってしまいます。翅は葉で隠れているし、正面からは写せないし・・・。でも、これはヨスジノメイガではないかと思います。

イメージ 10

こちらはフタテンオエダシャクかな。

イメージ 11

それに、シバツトガ

イメージ 12

この蛾が迷いました。腹部が赤い蛾にはハラアカアオシャク、ウスハラアカアオシャク、ホソバハラアカアオシャクがいます(と書きながら、自分が作ったアオシャクの画像リストを見てみると、キバラヒメ、コウス、ヘリグロヒメ、ハラアカヒメ、コシロスジなんかも赤とは言えないまでも何らかの色がついていました)。外横線の内側、内横線の外側が褐色になっていて、横脈点は丸い?などから、ホソバハラアカアオシャクかなと思ったのですが、よくは分かりません。

イメージ 13

これはマンションの廊下で撮ったものです。また、白い蛾が死んでいました。この間はスカシドクガかもと教えていただいたのですが、これは触角が違う感じです。鱗粉がだいぶ取れているので、これも翅脈から何か分かるかな。まだ調べてはいないのですが・・・。

イメージ 14

最後は最近よく見る、マエキオエダシャクと思ったら、横線の形がだいぶ違いますね。調べ直さないといけません。これは、失敗、失敗。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事