廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

家の近くのむし探検 第313弾

8月23日に家の近くにある公園で見た虫です。公園に行く前にマンションの廊下も通るので、その時に見た虫も入っています。

イメージ 1

最初は廊下で見たこの蛾です。ツマキシャチホコの仲間ですが、この仲間には似た種がいろいろいるので、少しまとめてみました。

イメージ 2

「標準図鑑」と「大図鑑」の説明をまとめたものです。これを当てはめてみたものが次の図です。

イメージ 3

黄色斑の内側が赤く縁取られていて、内横線の後縁側に暗色斑があるので、たぶん、ツマキシャチホコではないかと思います。

イメージ 4

これも廊下に止まっていたものです。たぶん、リンゴツマキリアツバかな。

イメージ 5

これはヘリグロコブガ

イメージ 6

それにウスキコヤガ

イメージ 7

後は公園で見たものです。これはシバツトガ

イメージ 8

イメージ 9

公園での蛾の撮影は大変です。たいがい、葉裏に逆さまになって止まっているので、地面側から写さないといけません。これはモモノゴマダラノメイガ

イメージ 10

フタナミトビヒメシャク。

イメージ 11

イメージ 12

次はバッタです。これはマンションの廊下の天井にいました。たぶん、ハネナガイナゴの♂だと思いますが、もう少し腹部末端を拡大しないと検索ができません。

イメージ 13

これは公園です。葉をかじっているのはオンブバッタみたいです。

イメージ 14

イメージ 15

これはマンションにいたものです。前脚の間が赤くないので、たぶん、オオカマキリ

イメージ 16

こちらはルリチュウレンジ

イメージ 17

イメージ 18

ムシヒキがいたのですが、♀なのでよく分かりません。それで、「ムシヒキアブ図鑑」を見てみました。ヒサマツムシヒキではないかと思ったのですが・・・。

イメージ 19

アシナガバエの仲間。

イメージ 20

それにこのカスミカメです。これについては以前、調べたことがありました。外来種で、台湾で記録されている、Mansoniella shihfanaeではないかと思います。(追記2018/06/02:立西さんから、「クスベニヒラタカスミカメ Mansoniella cinnamomiという種名で決着しているようです。あちこちで被害木を見かけますね。」というコメントをいただきました。この名で検索すると、「昆虫と自然」2016年の12月号にも載っていたようですね。貴重な情報、どうも有難うございました

イメージ 21

最後は葉を曲げてこんな中でひっくり返っているクモです。この間も見たことがありました。その時はピンセットで追い出したら、アオオニグモみたいでした。

イメージ 22

この日は横から覗くだけにしました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事