廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第1018弾

7月25日にマンションの廊下で見つけた虫の続きです。

イメージ 1

廊下を歩いているとこんな風にひっくり返っている甲虫をよく見かけます。なんで、自分で起き上がれないのだろう。そんな風に思いながら、でも腹部を撮影するチャンスだと思って撮りました。一通り写したので、元に戻してやりました。

イメージ 2

表はこんな感じでした。ハナムグリの仲間ですね。シロテンかなと思ったのですが、一応調べてみようかと思って、「日本産コガネムシ上科標準図鑑」に載っている検索表で調べてみました。

イメージ 3

検索してみると、♂交尾器に関するところが多くて、そもそも♂なのか♀なのかも分からないので、いろいろな可能性を残すと上のような感じになりました。つまり、Liocola亜属、Calopotosia亜属、Pseudocalopotosia亜属の3亜属が残ってしまうのですが、本州産にだけ限ると、Liocola亜属のシラホシ、ムラサキツヤ、ミヤマオオ、それに、Calopotosia属のシロテンが残ります。一応、分かるところだけ見ると次のようになります。

イメージ 4

まず、ひっくり返った写真から、後基節が接していることが分かります。

イメージ 5

また、中胸腹板突起がこんな形をしていることも分かります。

イメージ 6

また、元に戻した写真から、前胸背板後縁に湾入があること、それに、中・後脛節に矢印で示したような2段刻があることが分かります。

イメージ 7

さらに、前脛節は特に異常が見られません。ということで、上の4種に絞られるのですが、実はLiocola亜属の3種については後脛節がいずれも1段刻です。この個体は2段刻なので、やはりシロテンハナムグリだろうということになります。さらに、♂は前脛節の外歯の第3歯が不明瞭で、腹部中央が凹圧されるということなのですが、これはそんなことはないので♀なのかなと思いました。

ついでに頭盾の写真も撮ったので載せておきます。

イメージ 15

こんな感じでした。

イメージ 8

このクモの巣で巻かれたカメムシはイネカメムシの様です。「廊下のむし探検」初登場なのですが、こんな格好ではねぇ。

イメージ 9

イメージ 10

羽アリがいました。共に♀有翅アリです。今度こそ調べてみようと思って、採集しました。そして、先ほど検索してみました。まだ、怪しいところが多いのですが、上はイトウオオアリでまず間違いないのではと思いました。下の検索結果はクロヤマアリ隠蔽種群になったのですが、「日本産アリ類図鑑」に載っている検索表ではオオアリ属をヤマアリ属などから分ける項目が中胸気門の位置で行うのですが、有翅アリでは翅があってその部分がよく分かりません。それで、オオアリ属の可能性とヤマアリ属などの可能性の両方を残したまま検索をしていき、片方が完全に否定されるまで調べないといけないので、かなり煩雑になります。もう少し調べてみます。(追記2018/07/30:先日来、羽アリを調べているのですが、上はどうやらオオアリ属のクサオオアリではないかという結論になりました(詳細はこちらこちら)。下は同じくオオアリ属のウメマツオオアリかもというところまで来ています。黒い羽アリでオオアリ属とヤマアリ属は腹部背板の密な軟毛の有無で見分けられそうです。軟毛があればヤマアリ属、なければオオアリ属という風に

イメージ 11

これはたぶん、ヒレルクチブトゾウムシ

イメージ 12

マメコガネ

イメージ 13

ハナノミの仲間。天井に止まっていたので、ちょっと遠くて詳しくはよく分かりません。

イメージ 14

最後も天井に止まっていたのですが、ウスモンツツヒゲナガゾウムシ♀のようです。これで25日分の整理は終わりました。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事